妻として

2005年4月 4日 (月)

歳の数あるバラの花束

本日、誕生日な母。付き合っている頃から毎年欠かさず、誕生日には花束を贈ってくれるパパゆきさん。その年によって花の内容は様々だけれど、今年は歳の数のバラの花束!圧巻!!付き合っている頃に同じ趣旨の花束をもらったことがあるけれど、明らかにボリュームが増えている。・・・そして、これからも・・・。

友達からおめでとうメールをもらって、自分の年齢を2つも年上にサバ読んで申告。これくらいの歳になると自分が何歳になったか、ときどき本当に分からなくなったりして。でも、どうせなら若く間違えたいもの。いやー、マジボケでしたわ。

花をもらうのって、無条件に嬉しい。リビングも一気に華やぎました♪世の中のダンナ様、年に1回くらいは釣った魚(奥様)にも花束を贈るべきですよ!!

cimg6496s.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年12月11日 (土)

パパゆきさんカメラ小僧になる

新デジカメを手に入れてから、何かに取り憑かれたようにカメラにハマっているパパゆきさん。もともと凝り性だし、ハマることは分かっていたけれど。(しかし、飽きっぽいのだ。)

デジカメを買いたいと申し出があったけれど、すでに1台あるし必要なしと、あっさり却下。一部サーファー仲間の間で流行っているから、ただ興味があるだけかと。そしたらなんと、自分のポケットマネーをやりくりして、購入したではないですか!・・・本当に欲しかったんだねぇ。その気になれば、節約できるんだねぇ。

前に読んだ本で、子供に習い事をさせるときに「これがやりたい!」って言ったとき、すぐに何もかも与えてはイケナイと書いてあったなぁ。例えばピアノ。即座に音楽教室に通わせ、ピアノを買い与え、教本を揃えるよりも、冷却期間を置いた方がハングリー精神が出て、習ったときの上達が早くなるそうだ。

パパゆきさんに、「今回のカメラ熱はこれに↑近いものがあるよねー」と話したら、「正規に買ってもらっててもハマるわーーー!!」と猛反論。うーん、でも、自分で手に入れたことで、愛着度が30%くらい違うかもよ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年11月15日 (月)

パパゆきさんラジオ出演(第2回)

先週に続いて、収録分のパパゆきさんのラジオ放送。先週は、公開放送で聞いていたから、一応「声+画像」だったけれど、今週は「声」のみ。先週分は、録音に失敗して後から聞けなかったのだ。

声だけだと、ボソボソと聞き取りにくかったり、言い回しが気になっちゃったりして。DJって難しいのねーと実感。でも、1テイクで収録できたらしいし、ラジオ出演はじめてにしては上出来なんじゃないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年11月13日 (土)

ウクレレと組体操

パパゆきさんの会社の催事に行く。プチオカリナに絵を描いたり、バルーンで帽子を作ったりと子供向け企画も満載。特大ふわふわ(中に入って弾むやつね)は、大泣きして即退場の娘。弱いっす〜。

パパゆきさんは、バンドにウクレレで参加。マトリックスを意識したらしく全員黒のスーツ着用。でも、手にはウクレレ。うーん、ミスマッチ。うーちゅはパパには目もくれず、演奏とは全く関係なく全身タイツな人たちが踊ったり組体操したりする演出に釘付け。

↓左がウクレレを弾くパパゆきさん。右が組体操な人たち

cimg5676s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 8日 (月)

パパゆきさんラジオ生出演

地元ラジオ局K-MIXにて、公開生放送に出演するパパゆきさん。渋谷のスペイン坂スタジオからラジオ生放送で行列なんてのはよく聞くけれど、K-MIXスタジオから生放送って・・・?

車社会のこの町で、駅前でもなく人通りの少ない場所にあるこのスタジオ。DJ目当ての高校生がチラホラと、パパゆきさんのサーファー仲間が生放送をガラス越しに観覧。オヤジたちが携帯で写真を取りまくり、幼児がガラス窓にかじりつくという、ちょっと異様な光景。

お題は、blogについて・・・のハズが、DJの話のふり方もあり、気付けばラーメンやらサーフィンやら冬ソナやらの話してるぞ。放送は10分足らず。本人は緊張したと言っていたけれど、舌が回らないこともなく余裕な感じの口調。

その後、収録を終え、来週も登場する予定。今回の出演は、blogを通して決定したとのこと。インターネットの力ってすごいね。

cimg5649s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年10月24日 (日)

ワンコインカップ

台風で何回も延期になっていた大会が、やっと実現。パパゆきさんは、1会戦から毎年決勝戦に残っているような人たちと当たってしまい、運が悪いなぁ、なんて思っていたら、見事1位抜け!彼が、他のサーファーから脅威に思われる日も近い!?結局、準決勝で敗退。ベスト6入賞で幕を閉じました。決勝戦で波乗りする姿を見たかったけれど、楽しそうにサーフィンしてたからいいかな。

知人が多くて、家族連れが多いこの大会。ここ数年で、急激に子供率アップです。パパのサーフィンそっちのけで、砂遊びに夢中な子供たち。うーちゅも、お友達と遊べるようになってきたので、母も楽なのだ。

cimg5501s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)