« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月25日 (土)

ハンカチはカジのために。

長女の通う小学校では、月に数回、清潔検査(ハンカチ、ティッシュの所持、爪のチェック)があり、月に1回、健康について話し合う時間があるそうな。

そして、健康についてプリントを持って帰ってきた。これをもとに親子で話し合い、目標を決めるのだそう。(小学校って、なんでこんなにプリントが多いんだ。経費削減っ!!)

母「なんで爪が伸びているとダメなの?」

娘「わかんなーい」

母「爪にばい菌が入りやすくなって、不潔だから。爪を噛んだり剥いたりすると、ばい菌が全部お腹の中に入っちゃうよ。(←娘は爪が少しでも伸びると剥いちゃうから、ここ数年切ったことがない。何年も何回も口を酸っぱくして言っている言葉。)」

母「ハンカチを持って行くのは、なんで?」

娘「火事のときに、口を押さえるから!!!」(←即答)

母、声を殺して爆笑。真面目に答えてるから、笑っちゃいけないかなーと思って。
イヤ、それも大事なことだけどね、もっと日常的に、あるでしょう?ハンカチの使い道。

続きを読む "ハンカチはカジのために。"

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

家庭訪問

家庭訪問。
今まではなかった、このイベント。小学生の母になったのを実感するわ〜。

水曜日にお知らせがきて、順番が一番最初(翌々日の13:30)という、イチローな気分を味わう。母が働いている家庭は、遅い順番(時間)にしてくれると聞いていたので、すっかり油断してたわ。働く母ばかりの保育園と、ごちゃまぜの学校は違う。分かってはいたつもりでも、少しは考慮してくれるのではと勝手に甘えてたな。これからは、要望があるなら(もちろん無茶な要望はしないわよ)最初からちゃんと言おう、と心に誓う。

午後お休みをもらって、ダッシュで帰って、部屋を片付けて、掃除機かけて、玄関を掃除して、雑草を抜いていたら、あらぬ方向から「ママ〜」という娘の声が。集団下校で帰ってくるはずの娘が、ひとりで、通学路から外れた道から走ってきた。いつもは学童に行っていてイレギュラーな行動だったため、集団下校の集合に間に合わず(他のメンバーも気付かず)、結局ひとりで帰ってきたとのこと。しかもいつもと違う道に出ちゃって、帰り道を迷ったらしい。汗と涙と鼻水でグチャグチャになっての帰宅。

不安だったよね。よく帰ってこれたね。偉かったね。って、ギューッと。

ちなみに、小学校は近くて、どうやったら迷えるの?ってくらいの道筋。行った道を帰ってくればいいじゃん?っていうのは、大人の考えなんだろうな。でも、さすがは私の子、方向音痴なのはどうでもよく似たらしい。

そんなこんなで、先生がいらっしゃった。
家での様子を話し、学校での様子を聞き、10分間が終了。学校でよく手を挙げて、発言もして、外でもよく遊んで、友達も増えているって。学校での出来事は家でもよく話してくれるから、おおむね予想通り。

「いつもにこにこしてます」って言われたのが、いちばん嬉しかったな。

先生が帰られた後は、公園へ。もう少し大きい学年の小学生が遊んでいる。もちろん、親の付きそいなしで。わが子と遊びながら、親といっしょに公園っていうのも、これから減っていくのだろうなぁ。友達と約束して、子供同士で遊んで、帰ってくる。それが普通になっていくのね、などと考える1年生の母なのでした。

| | コメント (0)

ユニコーン

再結成しましたねぇ。

高校生のとき、バイト代つぎ込んで、コンサートを観に行ったりしてたっけ。

帰宅時に車で聞いていたFMで、生活圏内でもコンサートをやることを知った瞬間、コンサートに行きたい熱がメラメラメラ・・・。

結婚してはじめて、チケットを取るために電話をかけまくる、というのをやった。前にチケット取りをしたのは、まだ携帯電話が普及する前。「固定電話よりも公衆電話の方が繋がりやすい説」を信じていて、テレカを握りしめて公衆電話からかけていた記憶が。。。

パパゆきさんの朝海も自重してもらって、携帯電話2台、固定電話1台で、電話をかける、かける、かけまくる。

結果・・・惨敗orz

大ホールで開催しちゃって大丈夫?お客さん入る???なんて余計な心配だったよ・・・。今でもこんなに人気あるなんて思ってなかったよ、ユニコーン。行けないとなると余計に行きたくなるけれど、こればっかりは仕方ないので。オークションで高値で買う気もないしさ。

あぁ、ユニコーン・・・。また、この町に来る日を待とう。

遠くまで足を伸ばす気はないくらいの心意気な母でした。でも、本当に、久々に、観たかったんだよぅ。

| | コメント (4)

2009年4月 7日 (火)

入学式

入学式。
ついに、長女も小学生。
天気がよくて暖かく、桜も残っていて、絶好の入学式日和。雨女うーちゅ、頑張った!!

新しい学校、新しい教室、新しい先生、新しい友達。緊張気味に机に座るわが子。
入学式で体育館に入場するときは、緊張してカチカチだったけれど、退場するときはすっかり笑顔になってました。

隣の席の子ともお友達になって、ますます明日の登校を楽しみにしているうーちゅ。保育園のお友達が誰もいないのも「寂しいけれど、楽しみ。だってお友達がいっぱいできるもん!」と常に前向き。母の杞憂も吹き飛び、小学校がますます楽しみになってきたぞ!

P1420347_s P1420369_s

続きを読む "入学式"

| | コメント (4)

卒園式

3月に行われた卒園式。
もう卒園なんて。本当にあっという間だった。

「大事なお子様を、お手元にお返しします。」

園長先生の言葉がグッときた。
いつも子供のことを第一に考えてくれて、親身になってくれる先生方。自分の子供のように大切に育んでくれて、大きな愛で守って下さっていたのだなぁ・・・と。

子供が保育園が大好きなのも、親が安心して働きに行けるのも、先生方との信頼関係があるからこそ。本当にお世話になりました。

卒園アルバムの表紙は、自作の絵。中身もなんとオリジナル!!一枚一枚写真が貼ってあって、手書きのコメントがいっぱい入っている、世界で一冊だけのアルバム。卒園生の数がそんなに多くないとはいえ、大変な作業だったと思う。

保育園は、第二の家庭のような生活の場。子供が起きている時間帯では、親よりも先生と過ごす時間の方が長い。暖かく見守り育てて下さった先生方、本当にありがとうございました。

うーちゅが、小学校でもお友達をたくさん作って元気に過ごしてくれることを願って。

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

4月1日。

本日付で、ランさんは保育園で進級、うーちゅは児童になったので学童へ。
(卒園式記事もアップしたいけれど、またそのうち・・・できるかな?)

同じ保育園で、同じメンバーと進級したランさん。2年間お世話になった担任の先生が変わって残念ではあるけれど、クラス替えもなく変化の少ない中、いい機会かなとも思う。進級して、帽子の色が変わって、「かわいい!この色も似合うね〜」と褒め合う年中さん。萌え〜!!

そして、全く新しい環境になるうーちゅ。慣れなくて疲れも出ていたけれど、楽しく過ごせたようでよかった。今まで、園の最年長として譲ることが多かったけれど、児童の最年少として譲ってもらうことが多かったって。いつもは我慢を強いられることも多い長女、たまにはチヤホヤされるものいいね。

3月は去るって感じであっという間に過ぎ去って行って、別れも多かったけれど、今日から出会いの4月の始まり。・・・さぁ、前に進みますか!!

| | コメント (3)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »