« 連休は岡山へ | トップページ | 園外保育 »

2006年10月10日 (火)

ドレミのしあわせ♪

帰省のとき、おじちゃまから買ってもらった鍵盤つき文房具セット。うーちゅが自分で選んだもの。ちなみに、ランさんは音のなるパトカーを、これまた自分で選んでました。初期設定のままだと音が大きすぎて親がツライので、技術者パパゆきさんにより省エネ音量に。

「音が小さい」とクレームがつくかと思いきや、「おしゃれな音になったね」と嬉しそう。しめしめ。

ドレミファソラシドの音階に合わせて、「ドレミのしあわせ~♪」と歌ううーちゅ。未だに舌たらずなので、実際の発音は「ドレミの”ちわわせ”」。サ行は、もれなくタ行の発音になる。これまた、かわいいのよねー。

朝から、「ドレミのちわわせ~♪」と連続弾き語り(?)して、「あのね、今、練習してるの!」とムフーと鼻息も荒く報告。

Cimg0099s

母が小さい頃、おもちゃの鉄琴をもらって大喜びで弾いていたら、父親から「音感が悪くなるから!」と使用禁止令が出て没収。その成果か、ある程度の音の聞き分けはできるし、チューニングが狂っている音を聞くのは苦痛。

今は、音の出るおもちゃが氾濫しているし、自らは買い与えなくても電子音ものを全排除するっていうのは、ちょっと無理があると思う。子供は、やっぱり音もの好きだしね。でも、あんまり耳につく音のものは、飽きてきた頃にそーっとフェードアウトしちゃう。本物の音にも触れる機会を作って、どっちがいい音か分かるようになればいいかな。

|

« 連休は岡山へ | トップページ | 園外保育 »

コメント

そうなんですよねー。(狂った)音の出るおもちゃの多いこと、そして子どもはそれで喜んで遊ぶんですよねー。取り上げると怒るし。。あるとんの耳も狂いそうです。

投稿: みき | 2006年10月10日 (火) 22:09

音がなくても成立するおもちゃは、電池が切れたらあえて入れ替えなかったりしてます(笑)

投稿: kyoko | 2006年10月14日 (土) 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2847/12225348

この記事へのトラックバック一覧です: ドレミのしあわせ♪:

« 連休は岡山へ | トップページ | 園外保育 »