« 父の日プレゼント | トップページ | 階段制覇 »

2006年6月19日 (月)

はじめての運動会

昨日、雨で延期になった運動会、本日無事に開催。

どうせ雨だからと思って、一昨日はお米も研がずに就寝。万が一、運動会があったら冷凍ご飯をチンすればいいかなと思って。でも、やっぱり気になって、深夜2時に起きて米研ぎ。早朝5時に、いつもは気付かないパパゆきさんのサーフィン目覚ましで目が冴える。雨・・・降ってない。地面はビショビショだし延期だろうと思いつつも、万が一のためにから揚げの準備などをすすめる。天気予報は何度見ても、雨。7時過ぎ、運動会延期の連絡。雨足も次第に強くなってきた。なんだかんだでちっとも眠れなかった母、小心者。はぁぁ~。

さてさて、気を取り直して、運動会。これでもかッ!ってくらい、いい天気。そして暑い!今日も流れたら、また週末に持ち越しになるところ。まだ1回延期になっただけでよかった・・・。

入場前から、すでに目がうるうる気味の母。お友達と手をつないで、行進しているわが子。音楽と全然足が合ってないのは、ご愛嬌。母に気付いて、笑顔で手を振ってくれた。帽子を深めにかぶって、ブンブン手を振り返す。あぁ、かわいいなぁ、大きくなったなぁ、しっかりしてきたなぁ・・・。

そして、例のなまぬるソングも歌う。これって、2番まであったのね。

「いちばんビリは だれだ~ だれでもいいさ ふんばるのが かちさ~♪」

個人的には、「いっとうしょう」が「だれでもいい」としちゃう歌詞は疑問感じまくりだったけれど、「いちばんビリ」が「だれでもいい」っていうのはアリ。きっと最後まで頑張ろう!ってことを言いたかった歌なんだろうけれど、わざわざ順位のことを歌詞にもりこまなくても、いいのに。あるいは、「だれでもいい」じゃなくて、「いっとうしょう」には賞賛を、「いちばんビリ」には声援を贈るような歌詞にするとか。

うーちゅは、障害物競走みたいなのと、親子おゆうぎにエントリー。
障害物競走は子供だけ。スタートして、トンネルをくぐって、ゴールというもの。トンネルをくぐったときに、手に砂がついたのが気になるみたいで、ずーっと手をはたきながらゴール。潔癖症かね?入園してから2ヵ月ちょっとなのに、スタートできない子や、ゴール以外のところへ走っていっちゃう子がいなかったのには、ビックリ。
親子おゆうぎの待ち時間での1コマ。うーちゅのクラス、列がグニャグニャ。座りこんだりじゃれ合ったり泣いていたり様々。一方、もうひとつのクラスの園児たち、前の子の肩に手を置いて汽車のようになって、まっすぐ整列。年少でも、クラスのカラーってハッキリ出るものなのね。

個人競技には順位付けはしてなかったけれど、手をつないでゴールなんてこともなかった。いわゆる「かけっこだけ」はなくて、基本的に障害物競走。年長さんにもなると、複数の障害があってなかなか難しそう。ランさんも未就園児プログラムに参加。まだ歩けないので、母が抱っこして走る。

待機の間、親がいるにのも関わらず、先生のところへ行くうーちゅさん。担任以外の先生にも、懐いている様子。先生も担任以外の子の名前、顔もすでに一致しているみたい。先生にじゃれながら、ときどきこっちをチラチラ気にしている。「私はこんなに先生と仲がいいのよ!どう?嫉妬した?」って、顔。4歳児の計算って、わかりやすい。

端から見ていても、幼稚園の先生って大変な職業だなぁと、しみじみ。競技をサポートし、おゆうぎを一緒に踊り、子供たちの面倒を見る。先生が座れば、もれなくヒザの上に子供、背中にも子供。先生が立てば、何人もに手をつながれて、あちこち引っぱられる。泣いている子がいれば、抱っこ。座っている子をヒョイッと持ち上げて、別の場所に移動させるなんてお手のもの。すごい肉体労働。若い先生が多いのも、納得。

お弁当タイムをはさんで、午後まで運動会。少人数の園なのに、午後まで引っぱるのは長いよ~。年少さんでは、眠くなってグズグズになる子も。プログラム短めにして、サクッと午前中で終わる方がありがたいなぁ。

運動会のために練習したことはもちろん、お友達、先生との関係も垣間見られて、楽しかった♪しっかし、暑かった。さ、帰ってビールだ!!

↓帰宅後、運動会でもらったお面をつける姉妹。萌え~。
Cimg1524s

|

« 父の日プレゼント | トップページ | 階段制覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2847/10581673

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての運動会:

« 父の日プレゼント | トップページ | 階段制覇 »