« 保育参観 | トップページ | バーベキュー撮影 »

2006年5月27日 (土)

お箸マスター

うーちゅ、お箸が使えるように。

かなり前に(2歳くらい?)お箸に興味を持った時期があったけれど、正しく持てなかったので使わせないでいた。3歳になってから、そろそろ正しくお箸が使えるんじゃないかと教えてみたけれど、全くヤル気なし。年齢に関係なく本人が興味を持ったときが時機なんだと痛感。失敗したなぁ・・・。

実は、高校生まで、お箸の持ち方が変だった母。「これじゃあ、お見合いで断られる!(結局、お見合いしなかったけれど)」と自力で直した経緯があるので、娘には最初から正しい持ち方を教えようと思って。ちなみに、そのときペンの持ち方も直そうと試みたものの挫折、今でも変なまま。ペンだこが、薬指にあるの。

同年代の子がお箸を上手に使えているのを見たら、やっぱり正直、あせりを感じて・・・。でも、興味がないことを無理強いしても身につかないし、自分が時機を逃させたという負い目もあったし、気長に待とうと。

そうは思っても、ちょっと期待して、しつけ箸なんてのも買ってみたこともあったりして。有名な「エジソンのお箸」を買えばいいのに、思いつきでパッと目に入った中途半端なものを購入しちゃったため、使いづらくて結局お蔵入り。安物買いの銭失いって、まさにこのこと。

しつけ箸お蔵入り事件以降、お箸から遠ざかること半年以上。やっと「そのとき」がきた!

幼稚園で、お友達がお箸を使っているのを見てヤル気になったみたい。「給食のチュルチュル(焼きそば)、お箸で食べたんだー」と、報告あり。ここぞとばかりに、褒めちぎる。その後、家では「バーベキューで肉を食べるとき」限定でお箸を使うように。まだ上手に使えないから、何枚もの肉が下に落ちて犠牲に。チーン・・・。

肉で訓練して自信がついたのか、だんだん普通の食事のときでも使いたがるようになって、今はお箸が主な食事ツールとして活躍。ときどき左手のサポートが入るものの、ごはんも麺類も上手に食べられます。立派!!

Cimg1230s

|

« 保育参観 | トップページ | バーベキュー撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2847/10282347

この記事へのトラックバック一覧です: お箸マスター:

« 保育参観 | トップページ | バーベキュー撮影 »