« 新居訪問! | トップページ | 泡アフロヘアー »

2006年5月12日 (金)

要望を伝えられる子に・・・

うーちゅのリクエストで、またいっしょにクッキー作り。そして、またノンタンクッキーを制作するうーちゅ。

焼きあがって、目の前には甘いにおいのクッキーがいっぱい。

「おなかすいた」と、うーちゅ。お腹が空いてなくても、なにか食べたいものがあると、必ずこう言う。今もお腹は空いてないと思うけれど、クッキーがあったら、やっぱり食べたいよね。

「おなかすいた」と言ったときに、母は何が食べたくて言っているのか大抵分かるけれど、あえて「なにが食べたいの?」と聞いてみた。

すると「キュウリ」と、答えるうーちゅ。

は?キュウリ???

クッキーを目の前にして、なぜ、キュウリ?

「ちゃんと何がほしいのか言えないと、幼稚園の先生とかお友達のお母さんに分かってもらえないかもしれないよ。」と話して、「なにが食べたいの?」と再び訊いてみる。

やっぱり答えは「キュウリ」。

絶対違うでしょと思いつつ、意地悪だけれど、キュウリをそのまま出してみる。

「ちーがーうぅぅーーー!キュウリいらない!!クッキーがいい。クッキーが食べたいぃぃ~」と泣き崩れるうーちゅ。母の話も全く耳に入らないくらい号泣。結局、クッキーを食べて、それでもまだ泣きすぎてヒクヒクいっているし。

自分が欲求、要望を上手に伝えられない子だったので(今でも下手)、うーちゅには、ちゃんと自分の気持ちを伝えられる子になってほしいなぁと思って。何かをいただいたときにも「そんな、悪いし・・・」と遠慮するんじゃなくて、「嬉しい!ありがとう!」と素直に喜べるような。

自分ができなかったこと、そうできたらいいのになぁって思うことって、子供に望んでしまうのかな。

|

« 新居訪問! | トップページ | 泡アフロヘアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2847/10037414

この記事へのトラックバック一覧です: 要望を伝えられる子に・・・:

« 新居訪問! | トップページ | 泡アフロヘアー »