« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

葉座布団

孔雀っ葉 ランが座ると 葉座布団 (五七五)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

孔雀っ葉

おじいちゃんが、庭木を剪定。足元でチョロチョロしていたうーちゅ、獲物(葉っぱ)ゲット。

顔よりずーっと大きい葉っぱ。孔雀みたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

喃語が長文化

「マーマーマンマンマン・・・」

「ブァーパァーパーパー・・・」

「アーアーバァバァバー・・・」

など、喃語が長文になってきたランさん。実は数ヶ月前から思っていたけれど、母を見て絶対「ママ」って言っている(と思う)!!

ご機嫌なときは息を吸いながら発声するのが、ランさん流。初めて聞く人はビックリするけれども、苦しそうな声とは裏腹に喜びを表現しているのよね。面白いクセだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣き笑い

実家生活2週間経過。いつも誰かに構ってもらえる幸せを知ってしまい、すっかり甘えん坊になったランさん。抱っこ虫と化す。クールな乳児かと思いきや、アナタも所詮、普通の子だったのね。

やっぱり一番人気は母で、姿を見つけると、ハイスピードで近寄ってくる。機嫌がいいときはニコニコしながら、イマイチなときは泣きながら。そして、ときには泣き笑いしながら。

ハイハイが上手になって、ズリバイをあまりしなくなってきた。もっと、ズリバイシーンをビデオに残したかったなぁ。でも、急いでいるときは、よりスピードの出るズリバイを採用。用途によって使い分けているようで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

ベイサイドマリーナ

ベイサイドマリーナへ。パパゆきさん&うーちゅペア、母&ランさんペアに別れ、やっぱり別行動で買い物。

ミニSLに乗ったりアイスを食べたり、父娘で濃厚な時間を過ごしたよう。あともう少し実家にいる予定なので、パパゆきさんとは再びお別れ。あっさりバイバイしたうーちゅ、事実をキチンと把握してなかったみたいで、夕方になってから「パパは何時に帰ってくるの?」と何度も聞く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

こどもログハウス

パパゆきさんは、本来の目的である仕事へ行き、母娘はおばあちゃんとこどもログハウスへ。横浜市内に、いくつかこういった施設があるみたい。

1階には、大きいブロック、ボール、絵本など、遊具がたくさん。2階につながる滑り台、のぼり棒があり、地下は迷路で、建物も工夫がいっぱい。雨の日にいいかも。でも、実家からは、雨だったら歩きたくないなぁという距離なのよねぇ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

ディズニーランド

パパゆきさんが出張でこちらに来ることになったので、ついでに有休を取ってもらって、ディズニーランドへ。雨が降っていて、かなりせつない・・・。

アリス好きのうーちゅの喜ぶ顔が見たくて、クイーン・オブ・ハートのバンケットホールでキャラクターブレックファースト。時計うさぎ、王女様、ティム&ダム、アリスがテーブルまで来てくれて、握手したり写真撮ったり。最初ちょっと緊張気味だったうーちゅも、だんだん慣れてきて「うさぎさん、いっしょに写真撮って!」と積極的。


食後は、プーさんのハニーハントへ(ファストパス取得済)。顔に空気がバンッとかかる仕掛けが恐かったみたいで、終ったら号泣。去年も乗り物系で号泣してたなぁ。もはや風物詩か?

次は、ワンマンズ・ドリームⅡ。ビデオを何回も観て、内容を覚えているくらいうーちゅが好きなショー。うーちゅはもちろん、ランさんも足をバタバタさせて喜んでいた。色がキレイだし、音楽も楽しいからかな。

ショーが終ったら、雨が止んで空が晴れていた!もう地面が乾き始めてるのが、スゴイ。さすが夢と魔法の国、ディズニーランド。

うーちゅのリクエストでアリスのティーパーティー(ティーカップ)に乗る。恐がるかと思いきや、グルグル回してケラケラ笑ってる。

そして、スーパードゥーパー・ジャンピンタイムという子供向けのショー。ステージ下に子供スペースがあって、親は周りで観るシステム。子供スペースにひとりで行って、ミッキー&ミニーほか主要キャラといっしょにダンスしたりジャンプしたりするうーちゅを見て、成長したなぁとしみじみ。大好きなミニーちゃんに付いていこうとする姿がかわいかった。

続いて、ドリームス・オン・パレード。めっちゃ釘づけなランさん。途中、ダンスに参加するものの固まりがちなうーちゅ。やっぱり本番に弱いわぁ。笑顔でハードなダンスをこなすパレードのお兄さん、至近距離で見たら汗ダラダラ。

ミニー・オー!ミニーのショー、ハローウィーン・パレードを観て、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(ファストパス取得済)、キャッスルカルーセル、ピノキオの冒険旅行、空飛ぶダンボのアトラクションを体験して帰路へ。

たまにしか来れないから、いろいろ欲張っちゃって詰め込みすぎってくらいの内容。でも、効率よくサクサク回れたし、大満喫。

子供たちがもうちょっと大きくなったら、夜のパレードや花火まで見られるようになるかな。トゥーンタウンも行きたかったけれど、また次回ね。

一年前の初ディズニーのときは、アトラクションは泣いてばかりだったけれど、今回は自ら乗りたい!と言ったものもいくつか。いわゆる遊園地って連れて行ったことないけれど、楽しめるようになっているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

赤ちゃんとご対面

高校時代の友達の愛息子トモくん(1ヵ月)と初対面。

はっきりしたお顔立ちなハンサムくんに今から手をつけておこうと思ったのか、チューする勢いで迫るうーちゅ。チョロチョロ動くランさんは、首のすわっていない赤ちゃんにとって危険人物なので、極力近づけないようにする。

立派な新築一戸建てのマイホームに、かわいい赤ちゃん。ドラマに出てくるような幸せ〜な感じでしたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

初・木登り

うーちゅ、初めての木登り体験。

自ら志願して、サポートしたら上手に登れました。確かに、登りたくなる立派な木が連立してるわ。母の背くらいの高さから見下ろし、悠々と気持ちよさそう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

枯葉シャワー

気持ちのいい秋晴れの日は、実家の近くの公園へ。子供ふたり連れて、バスに乗って電車に乗って地下鉄に乗り換えて・・・なんて考えるだけで遠出が億劫に。結局、ベビーカーで行ける範囲をウロウロする日々。本当はもっと会いたい人もいるし、いろんな所に足を伸ばしたいんだけどね。ランさんが歩けるようになったら、行動範囲が広がるかな。

さて、この公園、大きい木があって、いろいろな枯葉が落ちていて、どんぐりやまつぼっくりもゴロゴロ。ちょっと足を伸ばせば、鯉がいる池もある。自然と少しの遊具が共存していて◎。落ち葉を踏んで、音や感触を楽しみながら散歩するにも快適。でも、遊んでいる子は少ないの。この辺は、小さい子があまりいないのかな。バスに乗ってもご年配が多いしね。

自宅は新興住宅地だからキレイに整備はされているけれど、いい感じに年期の入ったものがないのが残念。とはいえ、20分も歩けば森も池もあって自然あふれまくり。近いといえば近い、遠いといえば遠い20分・・・いつも近場の公園ばかりでなかなか行ってないのが現状だったりするのよねぇ。

たくさんある落ち葉をかき集め、頭から降らせる遊びを延々と楽しむうーちゅ。全身、枯葉だらけ。ベビーカーから遠目で見ていたランさんにも、枯葉シャワー。めっちゃ迷惑そう…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

母、夜の六本木へ

不良母、友達のライブを見に夜の六本木へ。 六本木と言えばヒルズですよ(行かなかったけれど)、ホリエモンですよっ(もちろんすれ違いもしなかったけれど)!

娘ふたりはお留守番で、祖父母にお任せ。たまには息抜きも必要よね、ね、ねっ。(←自己フォロー)

立見のライブハウスなんて久しぶり。ずっと立ってたら、軽〜く腰痛。あいたた…。もう若くないのね。

友達のバンドはボサノバ系。MISIA似の声の女性ボーカル、歌はしっとりと聴かせるのに、MCになると天然ボケな発言連発。そのギャップが、またかわいかったりして。

個人的にすごく好きなサウンド。曲は、ほとんどオリジナルで、変拍子のものも。もともとリズム感がなくて変拍子がすごく苦手なせいか、妙に変拍子に敏感に反応しちゃう。

対バンは、ヒップホップ二組とロック。ヒップホップって、イマイチ良さがわからないんだけど流行ってるのね。

ステージ後ろのスクリーンに、演奏してる人の映像を映し出す演出あり。右、左、正面と固定カメラが三台。画質はそこそこだったけれど、画像の切り替えやアングルはなかなか。

先日の披露宴といい、警察のコンサートといい、今日のライブといい、生演奏を聴く機会が多くて楽しいなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

結婚式ふたたび

今秋〜冬にかけて、結婚式目白押し。しばらくご無沙汰だったけれど、三十路過ぎて再ラッシュ到来の兆し。

本日の主役は、学生時代のビッグバンド仲間であるサックス吹きの新婦。自作のティアラをつけて、キレイだった〜。家族ぐるみで知っているだけに、弟さんとのバージンロード入場は、感慨深し。娘のようにかわいがってもらった新婦母、久々にお会いしたら白髪が増えていて複雑な気持ち・・・。

神父さんの話がすごく上手だったのが、印象的。チャペル式だと、外人さんが聖書の一節を事務的にチョロッと述べて、おしまいなことが多い。でも、自分の言葉も交えて話していて好感度大。

「愛は、ゆるすこと」

式に参列して何度か聞いている言葉だれど、説得力に溢れていた。ふと、結婚六年目の自分を振り返ってみる。

新婦に縁のあるプロ並のアマチュア生バンド演奏ありで、とても贅沢な披露宴。

半ば空中分解した形で解散せざるを得なかったバンド時代の楽しかったことも、思い出したくもなくて封印していたことも、一気に噴き出して涙腺ゆるみまくり。

いろいろ苦労している彼女だからこそ、幸せになってほしいと願わずにはいられない。幸せに酔いしれている新郎の肩をわしっと掴んで「ホント、頼むよ!」と詰め寄りそうになっちゃったよ。

先月参列した披露宴でもそうだったけれど、花束贈呈って今は自分の親に渡すのが主流なのかな?数年前まで相手の親に贈るパターンが一般的だった気がする。

バンド演奏に合わせて、実弟と踊る新婦。新郎が嫉妬することがあったら、きっとそれは義弟に対してなんだろうなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

サービスショット

携帯復活です。早速、留守番で娘が恋しいであろうパパゆきさんに、サービスショット。

萌えた?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

地震が恐い

関東地方、強めの地震が多発。帰省してから約1週間で2回も震度4の地震があって、マジで恐い。ランさん出産で長期里帰りしたときに、タンスなど大型家具は約1万円かけてパパゆきさんに取り付けてもらったけれど、まだまだ危険要素満載。私の目から見ると、とにかく実家はモノが多すぎ。

額縁や飾り物なども大地震のときは凶器になるということで、私たちが寝泊りする部屋(空き部屋)にあった複数のガラスケースなども、里帰り出産時には撤去させてもらった。でも、今回見事にすべてまた復活。居候の身なので、そのままにしてるけれど、ちょっと恐い。何かあったときに、娘ふたりの安全は確実に確保したいし。

自宅のある東海地方も、いつ大地震がきてもおかしくない状態と言われている。防災グッズも用意しているけれど、できることなら経験せずに済ませたいよぉぉぉ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

警察音楽隊コンサート

おじいちゃんおばあちゃんと、警察音楽隊のコンサートへ。

はじめて聴いたけれど、レベル高い!音も整っているし、変拍子もバッチリ。どのくらい練習しているんだろ。

ひとつ気になったのは、メンバーに女性がいなかったこと。女性は入隊できないのかな?それとも、たまたま?


その後、公園へ。ちょっとしか昼寝していないのにご機嫌で、芝生をハムハムと食らふランさんありき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

明日はチャングム

うーちゅ、朝の第一声。

「明日、チャングムだね」

・・・なぜそれを、ご存知で!?


(チャングムとは、母が唯一見ているドラマ。木曜日放送。でも、うーちゅは寝ているので、見たことはない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

携帯電話、電池切れ

実家に長期滞在するのに、携帯の充電器を忘れてきちゃった。あさはかよのぉ・・・、私。

せっかくの機会だから、いろんな人に会いたいのに、連絡すら出来ずじまい。普段、いかに携帯に頼っているかってことだよなぁ。連日、雨続きで出かける気がしないのが、唯一の救い。

今、充電器をパパゆきさんに送ってもらっているところ。マジで、心待ちにしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

ランさん、便秘になる

帰省前から、ちょっと便固めではあったけれど、帰省してから本格的に次女の便通に不具合発生。

「うーん、うぅ〜ん」と苦しんでも、ウサギのフンのようなコロコロ便が1,2個出るだけ。綿棒浣腸を施しても、効果なし。排便時に泣き喚くのが続き、肛門も切れてきちゃっているので、小児科に行くことに。

先生に経過を説明すると、「言うほどお腹も張ってないし、大したことないんじゃないの〜?」というニュアンスの発言。

大したことないと思ったら、雨の中、実家に帰ってきてまで、わざわざかかりつけ医でもないところに、来ませんって!!

浣腸してもらったら、先生も「こりゃ、肛門切れるわ」と納得の大漁。スッキリしたのか、帰り道はだっこでスヤスヤ。よかったねぇ。

便をやわらかくする効果があるという「マルツエキス」という薬を処方してもらう。ハチミツのようにネットリした形状で、甘いらしい。1包9グラム入りだけれど、一気には飲めないだろうからチョコチョコ飲ませて下さいと、薬剤師さんはおっしゃっていた。

でも、いつも一気飲み(食べ?)するランさん。姉妹で薬好きかよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

かわいそうなのは、私だ!!!

チビたちを連れていると、面識のない方(特にご年配)からも声をかけられる機会が多い。

帰省中に、バスで隣に座った老婦人。ランさんを見て、「何ヵ月?」「母乳なの?」と、ここまではよく耳にする会話。問題なのは、この先。眠いのに眠れないランさんがグズりだすと、

「お腹が空いているんじゃないの?かわいそうに!ホラ、はやくおっぱいあげなさいよ!誰も見てないから。」


・・・?!!


想像してみて下さい。

二人がけの座席の窓側にランさんをヒザにのせた母、通路側に老婦人。バスは満車で、立っている乗客多数。おばあさんの大声に、周りの人が直視はしなくても、こっちを見ている(気にしている)のが明らかに分かる。

この状況で、「あ、ハイ、じゃぁ」とポロッと乳を出せるわけもなく(出す気もない)。

「はぁ・・・」と言葉を濁していると、

「かわいそう!あぁ、かわいそうにねぇ〜」と連呼。「ホラ、誰も見ないから!!」

アンタが大声で言うたびに、ギャラリーが増えるんだよっ!

バスという密室の中、ババア(あ、失礼)は大声で「乳を出せ」と迫り続け、娘は眠れずに泣き叫び、逃げ場もなくどうしようもない母。

・・・かわいそうなのは、私の方だ!!!

目的地2つ前のバス停で老婦人が降りてからは、母の心も穏やかになったので、ランさんも泣き止みましたとさ。元凶は、アンタだったんだよ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

実家に帰らせていただきます

地元で結婚式が重なり、しばらく実家へ。

新幹線でハイテンションな娘たち。寝る気配ゼロ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

クラリスごっこ

ランさん、B型ベビーカーデビューで公園へ。

見ているだけじゃつまらないだろうと、ジャリに座らせてみたり、遊具に乗せてみたりしたけれど、やっぱり反応はイマイチ。「私は、ここが定位置ですから!」と、ベビーカーから高みの見物。

cimg9092s.jpg

友達と関わって遊ぶのが上手になってきたうーちゅ。ごっこ遊びが始まって、他の子は「キュアホワイト(ふたりはプリキュア。幼児の間で大プームらしい。母も知らない)」とか「シンデレラ」になりきっているのに、「うーちゅは、クラリス!(ルパン三世カリオストロの城)」と言って喜んでいる。

付き添いの親も分からず「クラ・・・???」と、不思議顔。いちいち説明する気にもなれず、その場をにこやかに流す。「フランス人形」「クラリス」が、かわいいの代名詞だと思っている子って、確かに少数派だよね。

ちなみに、オタク英才教育を受けているうーちゅ氏。宮崎駿作品のおじいさんを見ると、ハイジ以外でも「おんじ」。3歳にして、違いが分かる女に成長中。

リトミック教室でもそんな話をしてたら、先生に「そういえば、うーちゅ母ってクラリスに似てない?」と言われた。うーん、あんまり嬉しくないような・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

プチ苦痛

ランさんの体内時計、午前中と夕方の1日2回、昼寝する設定。

うーちゅの体内時計、昼食後に1回、昼寝する設定。

2人の昼寝時間がズレて、うーちゅの寝かしつけのときに、ウキャウキャとご機嫌なランさんにジャマされて眠れないこと多々あり。ランさんは、自動睡眠モードで勝手に寝るので、弊害なし。姉に、強制的に起こされることもあるけれど。いつも攻撃されている分の、ささやかな仕返しか?

最近の、母のプチ苦痛。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

伝い歩きする

ランさん、8ヵ月。伝い歩きするように。

昨日、パパゆきさんが「歩けそうだよね」と、おもちゃで釣ったら、難なく歩いた。ベビーベッドの柵を握って、一歩ずつ確認しながら端から端までワシワシと。

今は「馬にニンジン」状態で、おもちゃなどの「餌」がないと歩かないけれど、自主練習を欠かさない彼女のことだから、すぐ何もなくてもシャカシャカ伝い歩きはじめそう。

あぁ、ランさんが「赤ちゃん」の域を越えて、どんどん「子供」っぽくなっていく・・・。

cimg9074s.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

「さわやか」でランチ

おがあくん一家の来浜の〆は「さわやか」へ。なぜか、地元以外のサーファー友達に人気のお店。

うーちゅにも、お子様セットを頼んでみた。いつもは取り分けているので、嬉しそう。3歳児には量が多いかな?と思ったけれど、ペロリと完食。

051010_1431.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

CLIEに群がる

パパゆきさんの手元のCLIE(携帯端末)に群がる娘たち。おちおちネットサーフィンもできない、休日の父。

cimg9067s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

ユジンさんとオカマちゃん

おみやげにもらったカチューシャに大喜びのうーちゅ。冬のソナタのユジンさん(高校時代)みたい。思わず「ユジンシー」と呼びたくなるぞ。アイラインをバシバシに入れて、放送室で踊りまくってほしいものですな。

cimg9039s.jpg

一方、ランさんは・・・オカマ?いやいや、かわいいよー。でも、似合ってはないかも。

cimg9017s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォット

湘南おがあくん一家来浜で、ウォットへ。新江ノ島水族館のパスポートを持っている人を、地方の水族館もどきに連れて行くのって、どうなのよ?

「すごーい、水槽が見えるよ!」「こんな近くで魚が見えるなんて!!」と、違ったところで感動した様子。えぇ、こっちは人が少ないから。魚を見に行ったのに、人しか見えなかったなんてこと、ないから。ゼンくん(1歳7ヵ月)も、初めて魚を間近で見られて楽しめたようで、よかったよかった。

cimg9023s.jpg

写生大会をやっていたので、うーちゅも参加。画用紙いっぱいに、魚と思われるものをクレヨンを折るほどの筆圧で力強くお描きになりました。

お絵かきマットで絵を描き始めた頃は「ウチの子、天才!」と本気で思っていたけれど、いつまでたっても抽象画の域から超えない画伯の作品。パパゆきさんに似れば美術に長けていただろうに、母の血が濃かったか・・・。

魚を描いてと言うと、ちゃんといわゆる「魚」を描く同年代の子はいる。本当にこの子が描いたの!?ってくらい上手なの。

でも、母はうーちゅの絵も好き。幼稚園に行ったら、他の子の絵を見て真似するようになるだろうから、魚を描こうと思って、「魚」にならない時期って今だけかもと思うと、貴重に思える。邪念が入らず描けるのって、今だけなのかもなぁ。

cimg9026s.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

ハートキティちゃん弁当

「キティちゃんがハートを持っているおにぎりにしてね」って、だんだんリクエストが入り組んできてるけど!?

最初、うめぼしでちっちゃくハートをつけたら、「もっと大きいのがいい」。次にスライスチーズで大きいハートを作ったら、「ピンクのがいい」。贅沢言うんじゃないのっ!ピンク色にできるものがなかったので、スライスチーズで妥協してもらう。

ちなみに、好きなおにぎりの具No.1は、うめぼし。シブイねぇ。「おにぎり」という本を読んでから、夜ごはんにも、うめぼしおにぎりを食す日々。バムとケロのホットケーキといい、今回のおにぎりといい、絵本の影響を受けやすいうーちゅさんです。

cimg9016s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

ブロック製作「マイヤヒーを歌うパパ」

姉妹で黙々とブロック遊び。ランさんって、本当にうーちゅのことが好きで、いっつもそばにいるなぁ。

cimg9011s.jpg

ランさん作「ブロック破壊」。パックリと傷が入った無残な姿に。噛む力が強いのは認めるから・・・。

cimg8986s.jpg

うーちゅ作「マイヤヒーを歌うパパ」。左が傘をさすうーちゅ、その隣がマイクでマイヤヒーを歌うパパゆきさん。あとは、木だそうな。

cimg9012s.jpg

「おにぎりが踊って、マイヤヒーのねこちゃんがお酒のんで『飲ま飲まイェイ』なの」との解説つき。いらん知識で脳内のシワを増やす3歳児。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

食欲旺盛

離乳食も順調で、食欲旺盛。2回食なので、朝食と夕食に離乳食。でも、うーちゅとふたりで昼食を食べていると、ランさんの熱過ぎる視線が痛い。別に意地悪して、あげてないわけじゃないのよ。モノには順序があるのよー。

食事中は、いつも簡易子供イスから身を乗り出して、「早く早く、もっともっと」とアピール。ペロリと平らげるというより、ガツガツと食す感じ。母が食べて、合間にランさんに1さじあげて、なんていうのは許されず、一気に食べたいみたい。うーちゅが、よく噛まない早食い娘なので、せめてランさんは「ゆっくり、よく噛む」食べ方をする子になってほしいのだけど。

姉妹でおかずの取り合いをする日も近いかも・・・。

cimg9009s.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

遠吠えリトミック

うーちゅのリトミック教室も、通い始めて1年経過。知らない曲でも、先生の歌っているのを見て聴いて、最初から合わせて歌うこともあって、驚き。

お腹の中からレッスンを受けていたランさん、いっしょに参加する気満々。うーちゅが歌えば、横で「んーぶぶーうきゃー」と歌う。その姿はまるで、音楽に合わせて歌う天才犬(音に合わせて遠吠えする犬)のよう。

大声で歌ううーちゅ、遠吠えするランさん、「今日ねー飛行機がねー」と歌の途中でセリフを入れるYくん。子供って、面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和室から下りられない

20センチの段差がある和室に登れるようになって以来、さぞかし落ちまくるだろうと覚悟していた。案の定、最初の数日は落ちては泣きを繰り返したので、タタミの端にきたときに試しに「足から下りてねー」と後ろ向きにして下ろすように。

それを見ていたうーちゅが、妹の安全を確保(?)すべく、自ら動いた!タタミから落ちそうになると、「ランさんちゃん!あーしーかーらっ!」と、半強制的に足からズリズリ下ろすこと数十回。これがトラウマになったのか、いつしか自ら下りられない体になってしまったよう。

タタミの端まできては、グルグル方向転換をして「んーんんー」と、情けない声で助けを求める負け犬ランさん。

cimg8997s.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

おそろいのワンピース

おばあちゃまからいただいた、おそろいのワンピース。オムツの有無で、大分お尻の印象が違うなぁ。

うーちゅは、おそろいの洋服を着られるのが嬉しいみたい。最近は、洋服を自分で選ぶけれど、おそろいがある服をランさんに先に着せると、必ず同じのを選ぶ。

cimg9007s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽぽちゃんに読み聞かせ

ぽぽちゃんをヒザに乗せ、絵本の読み聞かせ。絵本の話の内容が、うーちゅ流にアレンジされているのが、面白かわいい。

うーちゅが母に絵本を読んでもらっているとき、ランさんが近付くと「ダメ!」って言うのに、人形には絵本を読んであげるのね。まぁ、生身の人間(乳児)は、本を舐めちゃったり引っぱったり、自分の思い通りにはなりませんから。

cimg9005s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

季節はずれの花火

季節はずれだけれど花火をいただいたので、今年最後になるであろう花火大会開催。すっかり花火の扱いも上手になったうーちゅ。

cimg9002s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

イメージソングコンテスト

知人が決勝まで残ったので、合併した新市の「イメージソングコンテスト」を見に行く。決勝進出は5組。残れるなんて、すごいじゃーん。

市のイメージソングっていうと、昔、横浜市の「さわやか運動」というのに当時習っていたピアノの先生が応募して、優勝したのを思い出す。この曲、今はどうなっているかといえば、なんとゴミ収集車のテーマソング!

ゴミの音楽に「さわやかな さわやかな 横浜おはよう〜♪(二番は『こんにちは』)」という歌詞があることを知っている人は、恐らく極々わずか。本人の意図するところとは違っても、二十年近く経った今でも曲が浸透しているのはスゴイと思う。

市のイメージソングは、ピアノ(あるいはギター)の弾き語りっていうイメージだったけれど、コーラスグループあり、本気系バンドあり、デュオありで、多彩な顔ぶれ。観客は、出演者の知り合いくらいでまばらなのかと思いきや、満員。お目当ての番が終わったら、どどっと入れ替わることもなく、みんな最後まで真剣に聴いていた。

さて、知人の歌は、応募用に録音したのを1回聴いたことはあったけれども、生バンド、生歌だとやっぱり全然違う。ボーカルである就学前の子供が、大勢の観客の前で、しっかり歌えたのはスゴイ。実力のあるバックバンドがついても、子供の歌に合わせるのは至難の業なのね。

歌詞の中に「さすがに飽きた毎週バーベキュー」っていうのがあって、これって家のこと!?と思わずにはいられなかった。都会育ちの私も、すっかりここの文化に馴染んでいるんだなぁ・・・。

結果発表まではいられなかったけれど、準グランプリだったとのこと。これまた、すごいじゃーん!!

cimg8989s.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祝・幼稚園決定!

本日、幼稚園の願書受付開始。

朝一で、定員オーバーの第一希望園に出向き抽選。くじの順番は、13番。ふ、不吉・・・。はじめの方は、全然当たりがでなくて、ちょっぴり期待したけれど、うーちゅの2人前の子が当たりくじをひく。大人だと、もうこれでおしまいって思っちゃうけれど、ちゃんと最後の子までくじをひかせてくれる姿勢は共感が持てた。

4月から別の園に通うけれども、3月までは週一回、この園でお世話になろうと思う。母の息抜きにもなるしね。(←実は、これが大きいかも。)

その足で、第二希望園へ。面接というほどじゃないけれど、簡単な受け答えあり。うーちゅ、少々腰引け気味。ランさんは、すっごくハイテンションで横で奇声を発してニコニコ。4つの園を見学したけれど、そういえばこの園は見学のときはご機嫌におしゃべりしてたなぁ。ランさんのお気に入りなのかな?3年後には、アナタもここに通うことになるからね。

無事に入園許可をもらって、帰宅。うーちゅさん、めでたく幼稚園決定です。

cimg8990s.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »