« レッカーランドフクカワ | トップページ | ぐ、ぐーっと »

2005年5月10日 (火)

お茶の実

5月からリトミッククラスが一学年あがり、週2回だったのが3回に。メンバーも変わらず、内容もガラッと変更されるわけでもないので、いつもと同じレッスン風景。

本日は、幼児利き茶大会開催。新茶、番茶、玄米茶、ほうじ茶の葉をクンクン嗅いで、淹れてもらったお茶を味わう。うーちゅは、お茶っ葉にはあまり興味を示さず、お茶をただグビグビと一気飲み。食い意地のはったヤツめ・・・。

そして、お茶の実と枝についているお茶の葉を観賞。母もお茶の実を見るのは、はじめて。直径2〜3センチの丸くて茶色い実で、振るとカラカラ音がするものも。葉は、こするとほのかにお茶の香りがするようなしないような。葉を一枝、実をひとつかみ、お持ち帰りでもらいました。帰宅後は、おままごとの道具に変身。お茶の実の中身が気になる母。明日にでも、うーちゅと割ってみよう。

アシスタントの先生が弾いてくれるピアノは、上手いけれどテクニックが突出してなく、暖かみがあって好き。「おはながわらった」の伴奏は、家にあるCDと同じ前奏だったけれど、三連符(かな?)が繊細でキラキラしていてCDのものとは全然違う。まさにイメージにビッタリの音で、思わず嬉しくなっちゃった。お腹の中からいい音を聴いているランさんは、知らず知らずのうちに英才教育されているのかも?

ここ数回、出かける寸前にランさんが大をしたりで、行きの車で余裕がなかった母。突発的な出来事に左右されないよう十分に時間を取るようにしたところ、早々(というか早すぎた)到着。教室に入ったうーちゅを見て、先生が「今日は、すごくご機嫌だね」って。母の余裕のなさは、子供にも伝染するんだろうなぁ。反省。

cimg7001s.jpg

|

« レッカーランドフクカワ | トップページ | ぐ、ぐーっと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2847/9572619

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の実:

« レッカーランドフクカワ | トップページ | ぐ、ぐーっと »