« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

かまって〜!!!

「おっぱい飲んで、ねんねして〜♪」だったランさんも、だんだん抱っこ星人と化す。

目が開いているときは、大泣きしてかまってと猛アピール。抱っこしたり、あやしやりするとご機嫌に。飲む→寝るだけでは、飽き足らなくなってきた様子。

入院時から助産師さんに「意思表示のハッキリした子」と言われてきたけれど、欲求に素直というか、本当に分かりやすい子ですわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いってきます!

おばあちゃんと公園へ。徒歩圏内に大きい総合公園があるので、遊具で遊ぶのはもちろん、鯉にエサをあげたり、花(今は梅が見頃。もう少しすれば桜もきれい)を愛でたりしてきているそう。

公園も嬉しいけれど、おばあちゃんと行くと必ず甘〜いお菓子がもらえるのが、もうひとつのお目当て。お菓子入りのバッグを大事そうに抱えて、いってきま〜す!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月27日 (日)

目に星☆

世の中の黒い部分をまだ知らない新生児。その澄んだ瞳には、昔の少女マンガの主人公のように星がキラリ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月26日 (土)

おねえちゃんって?

ランさんが産まれて、周りから「おねえちゃん」と呼ばれることが多くなったうーちゅ。自分のことを「おねえちゃん」と言うこともあって、それは微笑ましいことではあるけれど。無理して「おねえちゃん」「いい子」になろうとしているみたいで、ちょっと気になる。・・・取り越し苦労?

産まれる順番とか性別とか、本人の選択の余地がないことで、とやかく言いたくない。


例えば、

「おねえちゃんだから、○○しなさい」
「おねえちゃんなのに、○○もできないの」

という言う方は、したくない。


「さすがおねえちゃんだね、偉いね」

と、ほめるときには使うのはアリ。
でも、できるだけ「”おねえちゃん”だから、偉い」のではなく、うーちゅ個人としてほめるようにしたい。


これは、下の子にもいえることで、

「妹なんだから、おねえちゃんの言うことを聞きなさい」

という言い方も、したくない。


実際、子育てをしていく中で言いたくないと思っていても、つい口から出ちゃうこともあるんだろうなぁ。言った方は覚えてなくても、言われた方はいつまでも残ったりするよね。気をつけようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月25日 (金)

新生児、脱皮中につき

ただいま、全身粉ふきいも状態。一皮むけて、さらにいい女になるのだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いので

結露で遊ぶ、うーちゅさん。自宅は、ペアガラスだから結露はあまりつかないので、珍しいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月24日 (木)

丹下段平ランさん

授乳してたら、顔に母の服のファスナーの跡がクッキリと。気付かなかった・・・ごめんよー。

あしたのジョーの丹下段平って、たしかこんな傷跡あったよね?


| | コメント (2) | トラックバック (1)

ランさんちゃん、だーいすき

一日に何回も、ランさんを抱っこしたがるうーちゅ。なーんと、抱っこしながら「ランさんちゃん、だーいすき」と、言いましたよっ!妹を見つめる眼差しは、本当に愛おしそう。きょうだいができて、よかったと心底思えた瞬間。じ〜ん。

うーちゅは、就寝時に妹が起きていると気になって眠れないので、ランさんから先に寝かし付け。寝たと思ったランさんが再度泣きはじめると「もうちょっとおっぱい飲みたいって」と、自分も眠いはずなのに順番を譲ってくれたり。じ〜〜〜ん。

うーちゅが激しい赤ちゃんがえりもなく、物分かりが良過ぎるのが、無理してるようでかえって不安。母の妊娠中期頃から始まって最近は小康状態だった爪かじりが、出産後また復活。これって、ストレス発散手段?爪かじりくらいで、彼女の中のバランスが保たれるものなのかなぁ。浜松に帰ってから、反動がすごいかもね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月23日 (水)

母乳相談へ行く

産婦人科主催の母乳、育児相談会へ。家に帰る前に、一度来た方がいいということなので。

ランさんは体重約3000グラムになっていて、哺乳量も問題なし。母乳マッサージもしてもらって、母の方も問題なし。ただ乳腺が詰まりやすい体質なので、油っこいものは控えめにするなど食事には気をつけた方がいいとのこと。そういえば、この間ハーゲンダッツアイスクリーム(市販の小カップ)食べたら、パンパンに張っちゃったっけ。

生後2週間児にはまだ少し早いけれど、手遊びも少々あり。退院してから、ランさんとゆっくり向き合う時間ってないなぁと気付いた。たまには、ランさんとの時間も必要だなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年2月22日 (火)

おじいちゃんの誕生日

ケーキでお祝い。非甘党のおじいちゃんの誕生日にケーキが用意されるのは、初めてとのこと。今年は、うーちゅがいるので特別バージョン。

「ハッピーバースデーディアおじいちゃ〜ん」と歌うものの、ろうそくを吹き消したのはうーちゅ。あれ?誰の誕生日だっけ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなあられフライング

おばあちゃんが、ひなまつりに用意したキティちゃんのひなあられ。昨晩発見してから肌身離さずで、寝るのもいっしょ。

ひなまつりまで待てず、フライングして食すうーちゅ。今日はおじいちゃんの誕生日だから、よしとするか(?)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月21日 (月)

おめめパッチリ

目を開けている時間が長くなってきた、ランさん。出生時より、顔立ちが大分かわってきました。鼻の下が少々長めなのが、気になるぞ。

満腹でオムツがキレイなら、起きていても機嫌がいいし、基本的によく眠るし、今のところ手のかからない子です。二人目って、あまり相手もしてあげられないうちに、あっという間に大きくなっちゃいそうだなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月20日 (日)

おんぶうーちゅ

パパゆきさんが来ると歩行拒否状態になり、四六時中べったりなうーちゅ。貸していたおんぶ紐が返ってきたら、物珍しいのか使いたがるものの…もう窮屈そう。大きくなったねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大叔父さん来訪Ⅱ

大叔父(うーちゅ&ランさん祖母の弟)夫婦が来訪。ランさんはねんねで、やっぱり主役はうーちゅ。久々に会う親戚にもすぐに馴染めるのは、ありがたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おがあくん一家来訪

湘南サーファーおがあくん一家来訪。うーちゅ(2歳)、禅くん(おがあくん長男、1歳)、ランさん(0歳)と並ぶと、子沢山一家みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月19日 (土)

大叔父さん来訪Ⅰ

大叔父(うーちゅ&ランさん祖父の弟)夫婦が来訪。ランさんは抱っこされても、やっぱりスヤスヤねんね。うーちゅは最初は人見知りしていたけれど、風船で遊んでもらって次第に本領発揮。帰り際には、大叔父、大叔母と両手をつないでご機嫌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アットホームな産婦人科

うーちゅと同じ個人産婦人科で産まれたランさん。ベッド数4床という本当に小さな病院で、入院中もアットホームな雰囲気。

ビックリしたのは、うーちゅ出産時(2年8ヵ月前)と全く人が入れ替わっていないこと。院長先生はもちろん、助産師さんから食事や掃除のおばさんまで、知らない顔はいない。きっと、職場環境がいいのね。何も足さない、何も引かない・・・年月を経て熟成されるのみ。

今回は、入院5日間のうち3日間は他に入院している人がなく貸し切り状態だったので、前回以上に手厚いもてなし。入院中に一番お世話になる助産師さんは、おばあちゃん世代から先輩ママ世代まで頼もしい方ばかり。沐浴指導や母乳マッサージなど、母と赤ちゃんの毎日のお世話をしてくれます。ときには、嫁の愚痴や孫の自慢話などを聞く相手にもなったりして。

複数の助産師さんから、いろいろな話しを聞けるのも楽しい。それぞれ方針や考え方が違うので、うーちゅのときは「どれが正解?」と混乱もしたけれど、2人目ともなるとこちらも余裕。たくさんの意見から自分で賛同できるものを取り入れることができるし、こういう考え方もあるのねと視野も広がるし。

全員の意見が一致したのは、うーちゅのケアのこと。下の子をお世話(オムツ、授乳)している以外の時間は、しっかり上の子の話しを聞いて遊んであげることが大事だって口をそろえて言ってました。オムツを取ってきてもらったり、お手伝いしてもらうのも○。

助産院って利用したことないけれど、きっとこういう感じなんだろうなぁ。本当にお世話になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月17日 (木)

眠れる美女ふたり

姉妹で仲良くお昼寝。うーちゅは半端じゃなく寝相が悪いので、もちろん実際には新生児の隣では寝かせませんよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月15日 (火)

産後一週間検診

産後一週間検診で産婦人科へ。ランさんは体重測定やお臍のチェックなど、母は問診と母乳マッサージをしてもらいました。

行きも帰りも姫は眠りこけていたので、移動も楽々。

↓今朝取れた臍の緒


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月14日 (月)

無事、退院

昨日、無事に退院。特別休暇2日+3連休で、入院中パパゆきさんがずっと横浜にいられたので、うーちゅ的にも良かった。とっても親孝行な日に産まれてくれたもんです。

帰宅してからも、昼も夜も3時間前後は寝てくれるランさん。初日は、なかなか好スタートですな。

だんだん、目が開くようになってきました。両目が開いたお顔は、なんだか間寛平さんっぽい・・・?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年2月12日 (土)

岡山より

岡山のおばあちゃまとパパゆきさんの妹一家が、飛行機でランさんに会いに来てくれました。本日の主役ランさんは、かわるがわる抱っこしてもらっても、ずーっとねんねです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年2月11日 (金)

親子水入らずの食卓

面会に来てくれていたうーちゅ。いつもは食事になるとバイバイだけど、助産師さんの提案でランさんを預かってくれることになり、いっしょに病院食ディナー。

久々の母独り占めで、うーちゅもニコニコ。家でも夕食が用意されているから少しだけと思ったけれど、普段好まないものまでバクバクと。

ここの食事は量がすごく多くて、二人で食べてもまだ余裕あり。私しか入院してないこともあり、残すのが悪くて無理して全部食べていたら、産前より体重が1キロしか減ってないことが発覚。3キロは出したから、増えてるじゃん…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパゆきさんによる沐浴

パパゆきさんが、赤ちゃんを沐浴してくれました。二人目とあって、慣れた手つきで上手!娘も、お湯に浮かんで気持ち良さそう。

昨日、出生届を提出しました。命名「ランさん」。由来は、パパゆきさんのブログにて。親子四人、これからもよろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月10日 (木)

涙の跡

生後二日目の二女。よく飲み、よく出し、よく泣き元気です。

母の昼食中にグズりだした娘。少し前に飲んだし、オムツも替えたばかりだったので、食べ終わってからね〜と後回しにしてたら、涙の跡を残して眠りについてました。

母も隣で大泣きしてても、不思議とあまり気にならないのよね。二人目の宿命ってことで、たくましく育っておくれ〜。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年2月 9日 (水)

姉妹初対面

うーちゅ、妹と初対面。頭をなでなでしたり布団を直したり、早くもおねえちゃんぶり発揮!?でも、寝ているだけの赤ちゃんにすぐ飽きて、病室内を物色開始。

昨夜うーちゅ就寝中に家を出たのが少し心配だったけれど、朝起きたらパパがいたから平気だったよう。帰るとき、あっさりバイバイされると母はちょっと寂しいぞ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

産まれました

午前一時二十五分に無事二女を出産いたしました。スピード出産でうーちゅの時よりも余裕がありました。

あまりに早く産まれたのでババゆき間に合わず(笑)。

安産で良かったです。

#以上、パパゆき代筆m(__)m

| | コメント (15) | トラックバック (2)

2005年2月 7日 (月)

10ヵ月妊婦検診(4回目)

39週2日。当初の計画では、とっくに産まれて退院しているハズだったんだけどなぁ。

そして、今回も相変わらず「兆候なし」で、ガッカリ。予定日よりも遅れる可能性も否定できない状態になってきちゃいました。経産婦って、お産が早まる傾向の人が多いっていうのにね。腹子ちゃんも、マイペースな子になりそうな予感。

うーちゅのときは直前の検診まで「兆候なし」と言われていて、予定日前日に出産。今回もそういうケースにならないかと、わずかな期待を抱きつつ。次に産婦人科に行くのは、検診ではなく、出産でありたい・・・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年2月 6日 (日)

おにいちゃんを認識

実家に住む母の兄(うーちゅ伯父)が、今までどうも苦手だったうーちゅ。起床前に出社し就寝後に帰宅、休日も忙しく不在がちで、ほとんど顔を合わせることがないのが原因かと。たまに会っても、じーっと遠くから観察するのみで抱っこされても体は硬直、笑顔無し。でもきっと世間一般のパパって、子供と触れ合える時間って、こんなもんなんだろうなぁ。

実家生活も長くなると、たまにしか会えないお兄ちゃんと顔を合わす機会も、そこそこあるもので。アイスで餌付けされ、高い高いをしてもらって、絵本を読んでもらい、すっかり仲良し。うーちゅの口から「おにいちゃん」の言葉が出るまで進展!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクッと平熱に

一日高熱を出しただけで、今朝は平熱。今回は、サイクルが早いなぁ。3度目の発熱は、なんとしてでも避けたいところ。

鼻水が大量生産されているせいで、すっかり鼻の下が荒れちゃって真っ赤になって痛々しい。粘膜が弱っているのか、血混じりの鼻水が出ることも。

朝起きて、開口一番に「パパは?」と、聞くうーちゅ。「・・・?浜松だよ?」と答えると、「イヤ!いるもん!」と隣に寝ているであろうパパゆきさんの姿を捜しまくる。

昨日、おにいちゃん(うーちゅ伯父、土日休サラリーマン)がいたから、高熱にうなされながらも次のような図式がうーちゅの脳内で出来あがっていたのかも。

おにいちゃんが家にいる
 ↓
会社は休み
 ↓
パパも休み
 ↓
うーちゅに会いにきてくれる
 ↓
起きたらパパがいる!!

パパがいないと気付いたとき、明らかに落胆の表情が。期待を裏切られた気分だったんだろうね。次の休みには会えるから、待っててね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年2月 5日 (土)

熱、ぶりかえす

高熱が一日で下がったと思ったら、再び発熱。前回の発熱で体力が落ちているところに39度前後の熱に見舞われて、さすがにグッタリ。目はうつろだし、顔は腫れぼったいし、息づかいは荒いしで、一日中ゴロゴロうとうと。のぼせたのか、夕方には鼻血まで出ちゃいました。このところ、なんだか病弱なうーちゅさんです。

「子供が3歳までに病気する頻度は同じくらい(らしい)」という話を、以前に聞いたことがあったっけ。半信半疑だったけれど、今まで病気が少なかった分の帳尻合わせで3歳前に頻繁に病気してるのかなぁ、なんて考えてしまう。

一日も早く産みたい気持ちはあるけれど、病中にお留守番させるのはあまりにも気が引けるし・・・。うーちゅの回復を待ってから産気付きたいと思う、またまた勝手な母なのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 4日 (金)

プーさんとお昼寝

クリスマスプレゼントにおじいちゃんおばあちゃんからもらったプーさんの布団でお昼寝。ちなみに、枕はキティちゃん。

鼻水がダラダラ出る以外は、すっかり元気に。イタズラして椅子をひっくり返して大泣きする余裕(?)も出てきましたよ。でも、まだ睡眠時間は長め。あと一息ですな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 3日 (木)

節分

おじいちゃんと豆まき。バルーンで作ってもらった鬼のかぶりものは、つけてくれませんでした。そうだよね、鬼になったら豆をぶつけられる側になっちゃうもんね。でもね、うーちゅサイズだから、大人はかぶれないのよ。

豆をまいた後は、バクバクと食す。あの〜、アナタは二粒でいいんですよ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月2日が過ぎて・・・

母が勝手に設定した出産予定日2月2日が、過ぎちゃいました。もちろん、まだ産まれてませんよ〜。うーちゅが発熱して母ベッタリだったから、結果的には昨日産まれなくてよかったけれど。

次は2月11日か?と祖父母は言うけれど、祝日は分娩料金アップが気になる母。実は、産婦人科が水曜休診なので、2月2日も平日のクセに料金高くなると邪念が入ってたりしてたんだよね。土日祝は全国的なものだから、まだ諦めがつくじゃない?

エステや豪華料理、インターネット完備などが自慢の個人産婦人科も増えている中、出産予定のところは何の設備もないのに分娩料金が浜松平均より10万以上高い。地価の違いなのか?私の感覚では、10万って大金。なので、こんなときにケチくさいけれど、ちょっとでも安く産みたいと思っちゃうんだよね。もちろん、無事に元気に産まれてくれるなら、日曜の深夜でも祝日の早朝でも構わないわよん。

もう産まれるから次回検診(体重測定)はないと思い込んで、食べまくっていた母。今日から、またセーブしなきゃ・・・。

昨日、うーちゅが母のお腹に手をあてて「○○ちゃん(腹子ちゃんの出生後ネーム)」と言ったの!近くに祖父がいたから、クイズ司会者が先に答えを言ったときのようにあせったけれど、気付かなかった様子。名前発表は、産まれてからのお楽しみ♪

母の思惑をよそに、羊水にプカプカ浮かんで、母のお腹をウニョウニョと蹴り、残り少ない胎内ライフを楽しんでいる腹子ちゃん。母的には、今すぐにでも陣痛カモーン!って心境ですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あっさり平熱

昨夜、最高39.7℃をマークしたものの、今朝はケロッと平熱に。子供って簡単に高熱出すけれど、治りも早いなぁ。

咳少々、鼻水ダラダラで、ママ甘え度アップ。まだ体調が万全とはいえないので、いつもよりグズりが多いのは仕方なし。

率先して、おばあちゃんの掃除のお手伝いするまで回復!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 2日 (水)

また発熱

うーちゅさん、またまた発熱。あまり病気とは縁のない子だったけれど、今年に入ってから月一回ペースで高熱だしているなぁ。

38.7℃の熱があるものの、機嫌良し、食欲まぁまぁ。ときどき咳き込むのが、辛そう。ここのところ咳が出るようになったなと思ったら、あっという間に高熱がでる傾向あり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月 1日 (火)

タヌキがいた!

母の実家は、横浜(の端っこ)にあります。地方に住むようになって「横浜出身」というと、かっこいいとかオシャレとか言われるけれど・・・。

この辺りは、タヌキが出るんですわ。バス停に向かう途中の歩道に、なんとタヌキの死骸が!!キレイな状態だったので轢死体ではなさそうだけど、なんでこんなところに?

「タヌキだ!」と喜んで触りに行こうとする娘を「ねんねしてるから」と、慌てて阻止。お亡くなりになっていたので写真は自粛したけれど、結構大きいタヌキでビックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓参り

うーちゅのひいおばあちゃんの命日で、おじいちゃんおばあちゃんとお墓参り。お供えの花を両手に抱えて、お墓に向かいます。

十数年前に他界している、ひいおばあちゃん。100歳まで生きるのではというくらい気丈で元気な人が、体調不良を訴え入院し帰らぬ人となったのは、ひいおじいちゃんが亡くなってから、わずか半年の出来事。そして、ひいおばあちゃんの命日は、ひいおじいちゃんの誕生日でもあります。天国から呼んだのかなぁ・・・と思わずにはいられなかったっけ。

ひ孫の顔が、天国から見えたかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »