« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月31日 (月)

10ヵ月妊婦検診(3回目)

38週2日。今回の検診でも、まだ沈黙を守り続ける腹子ちゃん。2月2日は、2日後に迫ってますよ!さて、どうなる?

胎児の元気さが分かるという、ノンストレステスト実施。うーちゅのときは検査しなかったので、初。お腹に装置をつけて、腹子ちゃんの胎動を待つ。動いてくれないことには、検査ができないのだ。こういうときに限って、動きが鈍い腹子ちゃん。本番に弱いタイプ?検査の結果、元気で異常なーし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月30日 (日)

赤鬼さんと青鬼さん

パパゆきさんが帰路に着いた後、高校時代の友達の家に遊びに行く。新築マンションは、床暖房完備であったか〜。

パフォーマーのしほちゃんが作ったバルーンで、さくらちゃん(3歳)と一足早く節分気分。かわいい赤鬼さんと青鬼さんです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

八景島シーパラダイス

水族館へ。今日も甘え虫のうーちゅは、パパの抱っこが基本です。大きな水槽に魚がいっぱい!喜んでいるけれど、魚の種類まではまだ興味のない様子。ラッコ、ペンギン、シロクマは、好反応。

イルカ、アシカなどが出てくるショーが楽しかったみたいで「イルカ、ぴょーんしたね」「お掃除してたね」と、ショーの内容を後から何度も話してました。ここのショーは、海獣が芸をするのはもちろんのこと、トレーナーさんも寒い中、体張りまくり。

うーちゅのリクエストで、外の池にいた鴨に餌(有料)をあげることに。一粒一粒、鴨に餌をあげるところを写真に撮ろうと思いきや、2、3粒ポイッとあげた後に一気にザザーッと。シャッターチャンス、間に合わず・・・。鴨はあっという間に集まって、あっという間に散っていきましたとさ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月29日 (土)

パパゆきさんと再会

父娘別離生活、2週間目突入。こんなに長い間離れるのは初めてのこと。電話する度に「パパに会いたいなぁ〜」と、言う娘。この一言で、受話器の向こうで”きゅ〜ん”となってるパパゆきさんの姿が目に浮かぶよう。

金曜には「パパ、もうすぐ来るの?」発言が。時間の感覚が出てきたのかな。「明日、来てくれるよ」と言うと「やったぁ、やったぁ!!」と小躍り。パパ冥利につきますなぁ。

パパと会ったら、フンフンと鼻を鳴らして甘えて、抱っこ虫復活。今日は、ちょっとワガママを言っても大丈夫なことも分かっているみたい。いっぱい遊んでもらって、終始ハイテンション。

お風呂も寝るのもパパゆきさんと一緒だったうーちゅが、夜中に突然起き出して「うーちゅのおうち、どこ?寂しいよぉ。帰りたいよぉ。」と。今までそういうことは言わなかったけれど、ずっと我慢してたのかな。2歳児なりに気を遣っているのかと思うと、胸が痛む・・・。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年1月28日 (金)

図書館へ

おじいちゃんと一緒に図書館へ。浜松よりも絵本が充実していて、目移りしちゃう〜。自ら本を手にして読んでいるけれども、最終的に借りる本は母が何冊かピックアップして、うーちゅに選定してもらう方式を採用。

反応が悪かった本を「これイマイチかなぁ?借りるのよそうか?」と母が聞いたら「イマイチ」と、うーちゅさん。このやりとりを隣で聞いていたおじいちゃん、苦笑い。

本を借りたのが嬉しくて、重いのにも関わらず自分で運搬。帰宅したら、絵本読んで攻撃が待っているのだー。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月27日 (木)

ピアニストうーちゅ

いっちょまえに楽譜を広げて、ピアノ演奏。前は指一本で弾いていたけれど、和音(?)を奏でるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月26日 (水)

チャウチャウ

母が小学校低学年のときに、祖母(うーちゅのひいおばあちゃん:故人)からもらった犬のぬいぐるみ。当時、とてもお気に入りだったもの。ピアノの上にあるのを目ざとく見つけて「くま!」・・・違います。チャウチャウです。

長年の埃その他ですっかり汚れてしまったチャウチャウを、お洗濯。大きいからなかなか乾かず、何日もひなたぼっこ。洗濯したらキレイになったものの、鼻の上が破れて中の綿が見え隠れ。か、かわいそう・・・。さ、治療しましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月25日 (火)

呼吸法(ラマーズ法)教室

産婦人科主催の呼吸法教室に参加。うーちゅのときは、母親学級とかパパゆきさんと一緒にファミリークラスとか参加したものだけど、腹子ちゃんのは初。二人目って、そういうものなのねー。

「呼吸法を練習しても、本番では結局そんな余裕ないんだよね」と、母(うーちゅ祖母)に話したら「うーちゅのとき、パパゆきさんと助産師さんと”ヒッヒッフー”って、一生懸命やってたじゃない」と言われた。そうか・・・ちゃんと呼吸法は役に立ってたのか・・・。陣痛後半部って、ホントに記憶に残ってないんだよなぁ。

参加者5人中3人は経産婦。初産の2人が「出産のときって、どのくらい痛いの?」なんて質問してくるのが、かわいい〜。実際、2回目だからといって、余裕なんて全くないんだけど。まっ、なるようになるかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

10ヵ月妊婦検診(2回目)

37週3日になりました。この産婦人科は毎回エコーをするわけではなく、触診で「頭、左」など記録するアナログな診察が主流。もちろん、心音確認はしますが。

下がってきてはいるけれど兆候なしと、先週と変わらずの状態。37週に入ったし、一日でも早く産みたくなってきたぞ。

血液検査の結果、貧血気味とのことで鉄剤を処方される。自覚症状は、全くないんだけどなぁ。うーちゅのときも、臨月入ってから貧血って言われたっけ。それだけ赤ちゃんに栄養取られてるってことか。

先週、注射したところが痛いと思ってたら、見事な青タンに。だ、大丈夫っすか、先生・・・?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月24日 (月)

桃太郎・・・らしい

実家にある桃太郎の人形のはちまきを指差し、「うーちゅも、これ!」と催促。おばあちゃんがリボンを巻いて、うーちゅ桃太郎のできあがり!はちまきというより・・・う〜ん・・・?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年1月23日 (日)

いま、なんじ?

おじいちゃんおばあちゃんの寝室にある時計をいじって、時間を狂わせるのに夢中。

ちなみに、うーちゅに「いま、なんじ?」と聞くと、いつも「いまねぇ〜、4時半!」との答えがかえってきます。なんで4時半?語呂がいいのか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月22日 (土)

Xデーに向けて

着々と近づくXデーに向けて、うーちゅの精神面でのケアが気になるところ。

うーちゅに話しているのは、主に次のようなこと。

・ママのお腹の中の赤ちゃんが、もうすぐ会いにくるということ

・しばらくパパとは離れ離れで、おじいちゃんおばあちゃんと暮らすということ

・(赤ちゃんを産むとき)ママも少しだけ不在になるけれども、お留守番していてほしいということ

・パパもママも、うーちゅを「置いていく」のではなく、やむを得ず離れるのであって、すぐに会えるいうこと

赤ちゃんがいても、うーちゅが大事で大好きだよ、ということ

毎日、うーちゅに繰り返し話をしているうちに「うーちゅも赤ちゃんに会いたいなぁ〜」と言うように。うぅ、いじらしい・・・。ママ友が2人目出産で入院中、当時2歳前だった上の子がものすごーく聞き分けがよくて、それはそれで不憫だったと言ってたっけ。うーちゅも、そのパターンになりそうな予感。

でも実際は、出産したら母は入院して数日不在になるし、退院後もうーちゅに100%かまってあげられるわけではなくなるので、ジェラシーの嵐になるんだろうなぁ。

私は末っ子なので、上の子の気持ちが理解しきれない部分があると思う。うーちゅも小さいなりにいろいろ分かっているので、不安要素はできるだけ少なくしてあげたい。

うーちゅが「妹が産まれてよかった」って、思えるようになるといいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大工さん

おじいちゃんのお手伝い(?)をして、本物のトンカチでトントンするうーちゅ。力が弱くて、作業は全然はかどりません〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月21日 (金)

ベイサイドマリーナ

うーちゅとお買い物。片道徒歩30分の道のりも、臨月妊婦と幼児(基本はベビーカー、飽きたら徒歩)だと1時間超!臨月に入った妊婦は、お腹の張りも気にせず歩いて歩いて歩き倒すわよー。

本日の目的は、週末に衝動買いしたメガネの引き取り。うーちゅ妊娠中に作った前のメガネは、予想通り子供の餌食となりレンズが傷だらけ。フレームは、携帯電話のアンテナと同じ素材というので作ったので、乱暴に扱われても壊れることもなく無事。レンズ交換するよりもずっと安かったので、パパゆきさんに勧められ外出用に購入。外出時はほとんどコンタクトレンズ着用だけど、ちょっとした買い物、公園に行くとき用に。前のメガネも、家で継続して使う予定。とても気に入ってるものなので、腹子ちゃんもメガネをいたずらしないようになったら、レンズを入れ替えようっと。

ド近眼+強度の乱視で標準レンズだと分厚くなってしまうので、一番高価なものをセレクト。それでも、フレーム込みで一万円ちょっとだから安い!いい時代になったなぁ。夏には、パパゆきさんの度入りサングラスを作る予定。

ベイサイドマリーナには、子供用アウトレットショップもあって、遊具もある。噴水は真冬の今に突進されても困るので、うーちゅの目に入らないように進む。母の買い物につきあった後は、すべり台や舵で遊ぶうーちゅ。天気がよくて、気持ちいいなぁ。母もベンチに座ってしばし休憩。そしてまた、1時間の道のりを歩くのだ。ふぅ〜、いい運動だわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月20日 (木)

鉄平くんと会う

転勤した鉄平くんと、久々の再会。横浜でランチした後、デパートをふらふらと。すっかり田舎モンが身についた今となっては、デパートがハシゴできるとか(浜松には一店しかないので)、品揃えが豊富だとかいうことに、おぉぉ〜と拍手したい気分。なによりも、選択できる余地があるのいい。気持ちのゆとりが違いますわ。

子供遊び広場で、おままごとごっこするふたり。なんだかゴニョゴニョと話してるけれど、新居の相談っすか?

楽しい時間はすぐに過ぎて、お別れの時間。同じホームで別方面の電車に乗る鉄平くん。うーちゅは電車のドアが閉まった後も、いつまでも「バイバイ〜」と手をふってました。鉄ママも妊婦さんなのに、遠出してくれてありがとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月19日 (水)

2年半ぶりの映画館

うーちゅを預けて、約2年半ぶりに映画館へ。こんな機会じゃないと映画も観に行けないし、うーちゅも少しずつ母の不在に慣れなくちゃいけないしね。ただ静かに長時間座っていることなんてないから、いつも以上に腹子ちゃんの胎動をボコボコ感じたわよ。

3歳くらいの子供を連れてきている人がいたけれど、これはマナー違反だと思った。途中で寝ていたのか思ったよりも静かだったけれど、約2時間の上映中耐えられるわけもなく。「静かにしないなら、出ていって」と母親に怒られていたけれど、こういう場に連れてくる親の方が悪い。子連れOKの日に来るとか預けるとかすべき。いつもうーちゅと常に行動を共にしているので、一緒に連れて行きたい気持ちはわからなくもないけれど・・・。

家に戻ると、うーちゅはおじいちゃんのヒザの上でテレビに釘付け。話しかけても、テレビに夢中でそっけない返事。母がいない間ずっと泣きじゃくられても困るけれど、あっさりしすぎも寂しかったり。勝手なもんですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月18日 (火)

10ヵ月妊婦検診(1回目)

10ヵ月に突入したので、これから毎週検診。実家近くのうーちゅが産まれた産婦人科に転院です。待合室には、ここで産まれた赤ちゃんの写真が貼ってあるのだけど、生後2〜3日のうーちゅの写真も健在。やっぱり、ウチの子が一番かわいいなぁ。(←親バカ)

36週3日時点で、体重2550グラム。誤差があるだろうとはいえ、2500グラム超えてるじゃないの!下がってきてはいるけれど、まだまだ出産の兆候はないとのこと。

うーちゅのとき浜松で通っていた産婦人科は、日本でも有数の優良産婦人科だったらしく、検診はもちろんヨガなど付加サービスもすごく整っていた。そのかわり、料金も少しお高め。病院で知り合って、私よりも先に里帰りした人はみんな「レベルのギャップにがっかりするよ」と言っていたけれど、本当にそうだった。

最初に横浜の病院に来たときは、おじいちゃん先生は無愛想だし建物や設備も年季が入ってそうだし、本気で浜松に帰ろうかと思ったもん。腹子ちゃんのときは、うーちゅ連れだと付加サービスが利用できないと判断して別の産婦人科にかかったけれど、やっぱり最初に行っていたところはレベルが高かったと思う。

私も二人目なせいか、前回もお世話になってるせいか、先生の無愛想さも、お腹冷えるっちゅーねん!とツッコミたくなるくらいのんびりした手つきのエコーも、お茶目と思えるくらいの余裕が出てきたわよ〜。ふふん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年1月17日 (月)

洗濯物を干す横で

週末の悪天候が嘘のような青空。洗濯物を干すおばあちゃん足元で、ピョンピョン跳び回ったり洗濯バサミで遊んだりするうーちゅ。

ちなみに、まだちゃんとジャンプができません。気持ちは跳んでいるけれど、片足のつま先が地面から離れないので、バランスの悪いスキップのようなジャンプです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月16日 (日)

父、帰る

パパゆきさん帰浜。しばらく離れ離れの生活です。

うーちゅには前から言い聞かせてあったので、時々「パパどこ?」と言うものの、説明するとコクンとうなずき理解している様子。その姿が、またいじらしくもあり・・・。

環境の変化にもすぐ慣れたし、おじいちゃん&おばあちゃんも大好きで懐いてます。でも、一日一回は「ママ、ママ〜」と号泣して、母じゃないと手が付けられない状態に。ちゃんと話しておけば留守番もOKだけど、声をかけずにトイレに行くなど、突発的にいなくなると不安みたい。

うーちゅ自身が納得さえしていれば、母が入院中で不在でも大丈夫だとは思うけれど・・・。うーちゅと離れてさみしいのは、母の方かもしれないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月15日 (土)

雪だるまを食す

はーちゃんからおみやげでもらった、雪だるまのかまぼこ。ビニールの上から押したり噛んだりして、食べる気満々。包丁を入れるのがかわいそうなくらいの、かわいさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産に向けて・・・

出産準備のため、実家へ。週末は雪の予報だったので、予定を早めて昨夜横浜入り。母子で、しばらくお世話になります。

腹子ちゃん、本日で10カ月に入りました。いよいよ臨月っすよ!あと1週間もすれば、いつ産まれてもいいとされてますよ!2月2日生まれ目指しますよ!!(←まだ言ってる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月14日 (金)

おにぎりにぎにぎ

はーちゃん&ハルちゃん&たっくんと、出産里帰り前の集合。お昼ごはんが待てない子供たちは、ラップに包んだごはんを自らにぎにぎしたおにぎりを食す。おかわりまでして、みんなで2個ペロリ。その後、チーズフォンデュ、パスタ、サラダ、スープもガッツリと。チーズフォンデュにすると、野菜もいっぱい食べてくれていいわー。

1歳1ヶ月になったたっくんは、あんよができるように。ヨチヨチ歩きが、かわいい♪なめるだけだったおもちゃを用途通りに遊んでいる姿を見ると、大きくなったねぇってしみじみ思う。

みんなとも、しばしのお別れ。また浜松帰ってきたら、遊ぼうね。

cimg6158s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月13日 (木)

「このゆび、うーちゅ」

うーちゅが、「おはなしゆびさん」を歌うとき。

いままで「このゆび、うーちゅ♪」は、小指(赤ちゃん指)だった。

なのに。

今朝「このゆび、うーちゅ♪」は、薬指(おねえさん指)になっていた。

小指を指して「この指は?」と聞くと、「赤ちゃん!」と。

そういえば、この前「うーちゅ、おねえちゃんになるの」って、いきなり言い出したっけ。赤ちゃん返り真っ最中だけれど、少しづつおねえちゃんになる自覚が芽生えてきているのかなぁ。

cimg6157s.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年1月12日 (水)

出産予定日まであと1ヶ月

腹子ちゃん出産予定日まで、あと1ヶ月。まだ実感が湧かないけれど、いよいよラストスパートです。腰や背中が痛いとか便秘だとかマイナートラブルは少々あれども、妊婦生活はいたって順調。

うーちゅのときは「破水→陣痛こなくて促進剤使用→出産」コース。

なので、陣痛がきて時計とにらめっこしながら「○分間隔になったぞー。よーし!」と意気込んで病院に電話したとか、病院に行ったら「まだです。出直して下さい」と帰されたとかという経験がない。初産のときは、破水からはじまるお産なんてイヤ!得体のしれない水が出てくるなんて恐い!と思っていたけれど、破水経験しかない今となっては陣痛から始まるお産なんて不安。

第一、どれが陣痛って分かるのか?分かったところで、あの言葉に言い表せられない痛みの中で、何分間隔になりました!なーんて計ってる余裕なんてあるのか?

陣痛促進剤点滴中は分娩監視装置をずっと装着していたけれど、私がケロッとしているときも陣痛はきていたらしく、助産婦さんに「痛みに強いわねぇ」なんて言われたなぁ。でも、本当にそのときは、まだあんまり痛くなかったし。

産まれる1時間前くらいから急激に痛みを覚えて、痛みのあまり意識も朦朧と。いつから何分間隔で痛いっていうのはなく、突然もうダメです〜、とピークになった感じ。痛み絶頂のときに母が産院に来たのは分かったけれど、声をかける余裕もなかったもんなぁ。

私の出産した産院は、陣痛室と分娩室が別。ホンの目と鼻の先くらいの距離だけど、陣痛ピーク時に自力で歩くのはめちゃくちゃ酷だ。「痛みの合間に移動して下さい」なんて、合間ってどこよ!?状態だし。

分娩室に入ってからは、これで産める!と嬉しくて意識も妙にはっきりと。天井の空模様の壁紙だとか、隣の学校で部活動をしている声だとか、どうでもいいことまで覚えている。

うーちゅの陣通時にずっと隣にいたパパゆきさんは、後から「あんな痛がってる人をはじめて見た」と言っていた。私も相当痛かったのは覚えているけれど、どんな痛みだったかはもう思い出せない。忘れられるからこそ、また出産できるってもんよね。まざまざと覚えてたら、とても二度と繰り返せないってば。

なにはともあれ、無事に元気な子が産まれてきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女3人集まれば・・・

タマちゃん&サラちゃんと里帰り前の逢瀬。誕生日が1カ月も違わない女3人集まれば、ほしいもの使いたいものが重なるもので。というか、人が使っているものが欲しくなっちゃうようで。仲良く遊んでいるのも束の間、風船を取り合い、おもちゃを取り合い、絵本を取り合い・・・頻繁にどこかでバトル勃発。

ランチに、タマちゃんの畑から30分前に採れたばかりの大根・にんじんサラダを食す。産地直送便なんて、この上ない贅沢!おやつは、サラちゃんママ特製の特大ヨーグルトケーキ。子供たちも大喜び。

帰り際に、子供たちも腹子ちゃんにポンポンと挨拶してくれました。次に会うときは、生身の腹子ちゃんとご対面よん。

cimg6148s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月11日 (火)

おみせやさんごっこ

うーちゅのおみせやさん開店。「いらっしゃいませー」と言って、ピッとレジ打ちする真似をします。お値段は、すべて100円。おつりも100円。ふとっぱら!?

cimg6036s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月10日 (月)

着物に憧れる

前にディズニーランドに行ったときにもらってきたガイドブック。もうボロボロだけど、見たがるので捨てるに捨てられず・・・。

着物姿のキャラクターの写真が少し掲載されているのだけれど、「うーちゅも、これ着たいー」と。はるちゃんの七五三のときの和服写真を見せてもらったせいもあるかも。

「3歳になって、七五三のときに着ようねー」と言うと「ぴぴごーさん?」と、マヌケでかわいいお返事。初詣のときに着物姿のちびっこがいたけれど、かわいかったなぁ。自分の娘が着たら、そりゃもうかわいいに決まってるでしょ(親バカ)。でも実際、着物を着たら窮屈ですぐ脱ぎたがるのかもね。

cimg5977s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 9日 (日)

寒空の下で

鳥が撮りたいカメラ小僧パパゆきさんと、公園に行きたいうーちゅの意見が一致して、佐鳴湖公園へ。しっかし、寒い。耳がちぎれるような寒さ。公園に行きたがっていたのに、着いたらベビーカーに乗りたがる娘。動かないと、余計に寒いぞ。

予想通りパパゆきさんは一心不乱に被写体を追いかけて、母子ふたりぼっち。「おうち帰る」とうーちゅが言い始めるものの、どこへ行ったのやら。ふと横を見ると、じーっと獲物を待つ釣り人がチラホラ。見てるだけで体の芯まで冷えそう・・・。真冬にサーフィンするのも物好きだと思うけれど、好きなことをするためには気温なんて関係ないのね〜。

cimg6141s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年1月 8日 (土)

甘えん坊暴君

すっかり平熱に。うーちゅの場合、いわゆる風邪での発熱なら3日でおさまるみたい。鼻水小僧なのは、仕方なし。病中の甘えん坊はそのまま、元気になっていたずら復活で、すっかり「暴君+小悪魔」ですわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 7日 (金)

病中の贅沢

相変わらず微熱が続く。食欲もあるし、元気なんだけれどね。鼻水がタラタラ垂れてきて「鼻水出た〜、鼻水〜」と言うので、何回も拭いていたら鼻の下が赤くなってきちゃった。この機会に鼻をかむことをマスターできないものかとお手本を見せてみるものの、そっぽを向いてヤル気なし。

病中用にと購入したプッチンプリン。普段は、絶対買わない一品です。母も何年ぶりかに口にしたけれど、ジャンクな味わいは子供が好きそう。うーちゅも一心不乱にバクバク食して、エプロンに落ちたプリンまで完食。

夜には平熱になっていたので、久々に入浴させてみることに。体調が万全じゃないからと早めに切り上げたのが気に入らなかったらしく「お風呂入りたい!お風呂〜!!」と、たっぷり30分はこだわり泣く。

うーちゅの傾向として、「イヤ」って言っていることでも説明して納得すれば、比較的すんなり事を運ぶことができます。でも、時間的な余裕がなかったり、有無を言わさず「ダメ」なこともあるもので。本人が納得いかないうちに無理やり切り上げされられると、そりゃもう後が大変。ひとつのことに対して、いつまでもいつまでもいつまでーも泣き続けます。恐るべし、職人魂。

5時間昼寝したにも関わらず、夜も早く就寝。鼻が詰まってるので、イビキまじり。あともう一息ですな。

cimg6137s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 6日 (木)

アイスな耳

夕食時、パパゆきさんとの会話。

母「あの曲は”哀愁”が漂ってるよね〜」

娘「・・・アイス?アイス?アイス食べる。アイス〜!!」

だーかーら「あいしゅう」だってば!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年「初」熱

昨日、産婦人科の待ち時間中からグッタリしていたうーちゅ。夜には、39℃の発熱。咳き込んで何度も泣きながら起きて苦しそう・・・。朝には37℃台に落ち着き、食欲あり元気ありなので様子見。

昼食時に「口が痛い」と泣くので、午後から小児科へ。「病院でえーんえーんするの」と、早くも泣いてやるぜ宣言。「先生、痛いことしないよ?泣くことないかもよ?」と言ってはみたものの、「うーちゅ、えーんえーんするの!!」と強い口調で言い返されました。宣言通り、大したことされてないのに病院で泣き声を轟かせましたとさ。

口が痛いというので手足口病やヘルパンギーナを心配したけれど、唇が切れているのを痛がっていただけのようで、風邪との診断。とりあえず、一安心。唇が荒れ放題なのに、リップクリームを塗るのを嫌がるわ、自分で剥いて傷口を広げるわの困ったちゃん。

病気で暴君と化し、起きている間はトイレに行くことも許可されない母。妊婦は頻尿なのにぃ〜。涙目がちの潤んだ瞳もかわいいけれど、早く元気になってほしいものです。

↓荒れ放題の唇(わからんがな)
cimg6132s.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月 5日 (水)

9ヵ月妊婦検診(2回目)

お正月明けのせいか、午後しか予約が取れなかったせいか、久々に待ちくたびれたなぁ〜という感じ。34週4日時点で、体重2080グラムなり。

新しく3Dエコーが入ってました。口をパクパクしたり、指を動かしているのもハッキリとわかって、確かにリアル。4〜5ヵ月くらいの胎児ちゃんは、もっと分かりやすいんじゃないかな。顔は、ムンクの叫びを見ているようでした。先生も新しい機械が嬉しいのか、いつもよりエコー長め。赤ちゃんを少しでもたくさん見られるのは嬉しいけれど・・・待ち時間を引き延ばしている原因はコレかぁ?

↓久々のお顔画像。左が頭。(3Dではありません)

cimg6127s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 4日 (火)

アサヒ乃湯

パパゆきさんの冬休みの締めに、スーパー銭湯「アサヒ乃湯」へ。お手頃価格で幸せ気分になれるスーパー銭湯は、やっぱりステキ。

スーパー銭湯に行くと、お風呂あがりにソフトクリームが食べられるという構図が出来上がっているうーちゅ。行きの車中から「アイス・・・アイス食べるの」と、壊れたレコードのように繰り返しつぶやいてます。

念願のソフトクリームを手に満面の笑み。がっつりといただきまーす♪

cimg6115s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 3日 (月)

初詣

五社神社へ初詣。うーちゅは腹子ちゃんの安産祈願で来たのを覚えているみたいで「赤いのガラガラするの」と、お賽銭箱の前にある鈴を赤い紐を引いてガラガラ鳴らす宣言。でも、年始で混雑が予想されるからか、鈴はありませんでした。あれー?

実家でチヤホヤされて、すっかり甘えん坊と化したうーちゅは「抱っこ、抱っこぉ〜」と足元にまとわりつき、全然自力で歩こうとせず。しかも、妊婦な母は抱っこしてくれないと見切って、パパゆきさんご指名。

狛犬を見た瞬間「こわいよ〜」と泣き出す。そういえば昨日、ショッピングモールで見た獅子舞に頭をカプッと噛まれて号泣したっけ・・・。狛犬と獅子舞、似ていないこともないかな。

おみくじを引いたら大吉。幸先いいじゃん!

cimg6111s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年1月 2日 (日)

帰路で熱唱

渋滞を避けるべく、AM5:00起床、5:30出発で帰路へ。早朝に起こされて不機嫌なところにスプーのカラオケマイクが目に入ってしまい「スプー!スプーと行くの〜!」と、うーちゅゴネ泣き。説得する時間的な余裕もなく、結局ヒカルくんのスプーもいっしょに車で浜松へ。ゴメンね、ヒカルくん・・・。

車で少し寝た後、スプーのマイクで熱唱し、さらに母にも歌えと強要。車中は、遠足バスのような状態に。おかげで、飽きずに機嫌よく過ごせて大助かり。渋滞にハマることなく、幼児にも妊婦にも無理のない時間で帰ることができました。

cimg6101s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

豪華お節料理

毎年恒例の豪華なお節料理。いくら、キャビアを「赤いのほしい。黒いのちょうだい。」とバクバク食べる二歳児。

白みそ、鰤、丸餅のお雑煮をいただきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005 A Happy New Year!

ひとりっこ最後の元旦ってことで、うーちゅフィーチャーな年賀状。今年もよろしくお願いします。

2005nenga_s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »