« 女3人集まれば・・・ | トップページ | 「このゆび、うーちゅ」 »

2005年1月12日 (水)

出産予定日まであと1ヶ月

腹子ちゃん出産予定日まで、あと1ヶ月。まだ実感が湧かないけれど、いよいよラストスパートです。腰や背中が痛いとか便秘だとかマイナートラブルは少々あれども、妊婦生活はいたって順調。

うーちゅのときは「破水→陣痛こなくて促進剤使用→出産」コース。

なので、陣痛がきて時計とにらめっこしながら「○分間隔になったぞー。よーし!」と意気込んで病院に電話したとか、病院に行ったら「まだです。出直して下さい」と帰されたとかという経験がない。初産のときは、破水からはじまるお産なんてイヤ!得体のしれない水が出てくるなんて恐い!と思っていたけれど、破水経験しかない今となっては陣痛から始まるお産なんて不安。

第一、どれが陣痛って分かるのか?分かったところで、あの言葉に言い表せられない痛みの中で、何分間隔になりました!なーんて計ってる余裕なんてあるのか?

陣痛促進剤点滴中は分娩監視装置をずっと装着していたけれど、私がケロッとしているときも陣痛はきていたらしく、助産婦さんに「痛みに強いわねぇ」なんて言われたなぁ。でも、本当にそのときは、まだあんまり痛くなかったし。

産まれる1時間前くらいから急激に痛みを覚えて、痛みのあまり意識も朦朧と。いつから何分間隔で痛いっていうのはなく、突然もうダメです〜、とピークになった感じ。痛み絶頂のときに母が産院に来たのは分かったけれど、声をかける余裕もなかったもんなぁ。

私の出産した産院は、陣痛室と分娩室が別。ホンの目と鼻の先くらいの距離だけど、陣痛ピーク時に自力で歩くのはめちゃくちゃ酷だ。「痛みの合間に移動して下さい」なんて、合間ってどこよ!?状態だし。

分娩室に入ってからは、これで産める!と嬉しくて意識も妙にはっきりと。天井の空模様の壁紙だとか、隣の学校で部活動をしている声だとか、どうでもいいことまで覚えている。

うーちゅの陣通時にずっと隣にいたパパゆきさんは、後から「あんな痛がってる人をはじめて見た」と言っていた。私も相当痛かったのは覚えているけれど、どんな痛みだったかはもう思い出せない。忘れられるからこそ、また出産できるってもんよね。まざまざと覚えてたら、とても二度と繰り返せないってば。

なにはともあれ、無事に元気な子が産まれてきますように。

|

« 女3人集まれば・・・ | トップページ | 「このゆび、うーちゅ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2847/9572415

この記事へのトラックバック一覧です: 出産予定日まであと1ヶ月:

« 女3人集まれば・・・ | トップページ | 「このゆび、うーちゅ」 »