« ジェノベーゼ | トップページ | 子育てに「ゆとり」をもつには? »

2004年7月 6日 (火)

プチトマトの行く末

プチトマトが、赤くなって食べごろに。背の高くならない品種を植えてみました。支柱要らずという話だったけれど、実の重さに耐えかねて傾いてきたので、割りばしが支柱がわり。貧乏くさ。

cimg3836s.jpg

うーちゅは「トマト、トマト」と言いながら収穫を楽しみつつ、次々と口へ。4〜5個あった赤い実は、一瞬にして姿が無くなり・・・。緑の実は「まだ赤ちゃんだから!」と、収穫しないよう説明すること数回。青い実を1個食べてもらって「不味いから摘まない」と、実践で教えてもよかったかも。

cimg3837s.jpg

|

« ジェノベーゼ | トップページ | 子育てに「ゆとり」をもつには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2847/9572059

この記事へのトラックバック一覧です: プチトマトの行く末:

« ジェノベーゼ | トップページ | 子育てに「ゆとり」をもつには? »